赤ちゃんに小さな乳歯が生えてきて、笑うと小さな歯が覗いて可愛いですよね。歯が1本でも生えてきたら、歯みがきを始めましょう。

歯を磨き始めると指や歯ブラシを噛まれて、痛い!磨けない!と困ってるパパママは多いと思います。

そんな困ってるパパママへ磨き方の工夫をご紹介します。

スポンサーリンク





赤ちゃんの歯磨き中に指や歯ブラシを噛まれるのはなぜ?

まずは歯磨き中に指や歯ブラシを噛まれる理由をみていきます。

何でもかんでも手にしたものは口に入れてしまう雑食な赤ちゃんですが、歯ブラシを口の中に入れるのは嫌なこともあります。

歯や歯茎に当たるのが痛かったり、大人にとっては普通ですが子供には未知の歯磨き粉の感触が嫌だったりします。

大人でも自分で歯を磨いているときに口を開けているのは平気でも、歯医者さんへ行って口を開けているのはつらかったりしませんか。

自分のタイミングで口を閉じたり唾を吐きだしたりが自由にならず、顎も疲れてしまいますよね。大人が歯医者さんへ行ったときと同じように赤ちゃんも口を開けているのがつらいこともあります。

一緒に歯磨きをするときパパママは怖い顔をしていませんか。

歯磨き中に噛まれると郷もまた噛まれるのではないかと、なかなか笑顔で接するのは難しいですよね。

親だって痛いのはつらいですもんね。しかし、パパママが怖い顔をしていると赤ちゃんはこれから怖いことをするのではないかと思ったり不安になってしまいます。

以上のように歯磨き中に噛まれる理由は様々あります。次に歯磨きに適したアイテムをご紹介してから、上手くいく歯磨きの仕方をご紹介します。

スポンサーリンク




赤ちゃんの歯磨きに適したアイテムはガーゼ?歯ブラシ?

 赤ちゃんの歯磨きに適したアイテムはガーゼがよいのでしょうか。それとも歯ブラシがよいのでしょうか。

赤ちゃんの一番最初の歯磨きはガーゼで、その後歯ブラシへ移行することが「デンタル総合検索サイトEPARK」の小児歯科医師監修のコラムでも推奨されています。

赤ちゃんは大人よりも唾液が多く、自浄作用が働くためガーゼで歯を磨くだけで十分です。しかし、奥歯が生えてきたらガーゼでは拭き取ることが難しいので歯ブラシへ移行します。

ガーゼから歯磨きを始めると、食べ物以外のもが口に入っている感覚や口を触られる感覚に痛みや怖さを感じることなくなれることができます。

ですので、今から歯磨きを始める赤ちゃんにはガーゼをおすすめします。

スポンサーリンク




赤ちゃんの歯磨きはこうやると上手くいく!

それでは赤ちゃんの歯ブラシを使っての歯磨きはこうやると上手くいくをご紹介します。

まず歯ブラシはどのようなものを使っていますか?

赤ちゃん用の歯ブラシはブラシが小さく、握りやすく使いやすいものをご用意ください。

できれば赤ちゃん用と大人の仕上げ磨き用とそろえるのがおすすめです。

そして歯を磨く姿勢は、なるべくリラックスした体勢で磨きましょう。

磨いてあげるパパママもリラックスして、怖い顔になっていないかセルフチェックしてくださいね。

最後は雰囲気です。こんなアイテムがあります!みんな大好きアンパンマンや、しまじろうなどの歯磨きの歌動画です。

大好きなキャラクターと一緒に歯磨きをすることで楽しく磨けます。

YouTubeなどでいろいろと動画が配信されています。他にも歯磨き絵本やスマートフォン用アプリもでています。

パパママが使いやすいアイテムで、赤ちゃんのお気に入りを探してみてください。

日替わりで、違うアイテムを使うのも赤ちゃんには楽しいではないでしょうか。アイテムを使って楽しく歯磨きしましょう。

スポンサーリンク




赤ちゃんの歯磨きで指や歯ブラシを噛まれる!磨き方の工夫のまとめ

 赤ちゃんの歯磨きで指や歯ブラシを噛まれ困ってるパパママへ磨き方の工夫をご紹介しました。

赤ちゃんは自浄作用が強いとはいえ、乳歯はとても虫歯になりやすいです。

赤ちゃんは歯磨き初心者、パパママは歯磨き初心者です。

まずはパパママは肩の力を抜いていろいろと使えるアイテムはあります。

どんどん試して赤ちゃんに合うものを見つけ毎日続けましょう。