一生モノの文章力は家庭で身につけられる!1日30円でできる正しい学習法を公開!

子どもの文章がめちゃくちゃで驚いた…

 

夏休みの読書感想文がいつまでたっても書けない…

 

今後、他の教科にまで影響が出ないか心配…

 

しかし『親自身が子どもにどうやって書いたらいいか指導できない…』という声も多いです。

 

実は私も文章を書くのが苦手で子どもにうまく教えられず悩んでいたのですが、ある方法に出会って自分も子どもも文章力が上がり作文も得意になりました。

 

子どもが学ぶ中で親の自分も基礎から振り返れたことで言葉への理解が深まったのが良かったです。

 

今まで叱りながら子供に勉強を教えてしまっていたのも正しい指導方法を知らなかっただけでした。

 

文章を書く力は一生モノのスキルなので、この方法を知ることができて本当に良かったと思っています。

 

子どもは論理的思考力が育ち文章力のなかった親の私よりも得な人生を生きることができるはず!

 

一番良かったことは自分で考えて行動できるようになったことです。

 

こちらでは文章力をつけるための正しい方法や子供のやる気にさせる指導の仕方について紹介していきます。

 

子どもの文章力は親次第ってホント?

あなたはご自身の文章力に自信がありますか?

私はありませんでした。

そんな時に知った衝撃的な事実。

『子供の文章力は親で決まる』

子どもの文章力は保護者の文章力に大きく関わっているというのです。

文章力に自信のある人のお子さんは文章力が高く、文章力に自信のない人のお子さんは文章力が低いという結果が出ているとのこと。

 

ご存知ですか?お子さんの文章力は親で決まります 小学1年生以上のお子さんを持つ保護者の方へのアンケート結果 Q.あなた(保護者)とお子様は文章力がある方だと思いますか?自分も子どもも文章力がある 33%。自分は文章力があるが子どもは無い 22%。自分は文章力が無いが子どもはある 12%。自分も子どもも文章力が無い 33%。(2020年3~4月実施アンケート 有効回答1249件)文章力に自信のある人の場合、お子さんも文章力が高く、文章力に自信の無い人の場合、お子さんも文章力が低いという結果がでました。

 

私は愕然としました…

 

じゃあ、うちの子は文章が上手く書けるようにはならないってこと…?

 

でも、あきらめたくない…

 

子供には文章で苦労した自分と同じ思いをさせたくない!

 

書けるようになってほしい!!

 

私は大人になってからも、文章を書くのに時間がかかって、仕事のメールや子どもの学校の先生に書く連絡帳など苦手でした。

 

変な文章書いたらどう思われるだろう…

この文章で本当に伝わるだろうか…

先生から○○君の親は連絡帳もまともに書けないと思われないか…

 

そう思われないように何度も読み直したりしていたのですが

 

すらすらと入ってこない

読んでいてすっきりしない

まったく心に響かない

 

感謝の言葉を伝えたいときにも、適切な言葉が思い浮かばず自分の文章力のなさにガッカリしていました。

 

 

そんな時に仕事関連で作文教室の先生と出会ったんです。

 

この先ずっと文章が書けないままだと子どもも苦労するのではないかと思い、先生に思い切って聞いてみました。

 

子どもの文章力を上げる良い方法はないですか?

 

そう聞いてみました。

 

するとその先生は、

 

お子さんに勉強をさせるのも大切ですが、親が文章力を鍛えて子どもへの指導力を身に付けることが大切ですよ

 

と教えてくれました。

 

文章力が付くと読解力も高まるので、成績がアップする子も多いといいます。

 

私自身、小学生のころから文章に苦手意識があり、夏休みの読書感想文も最後まで残すタイプでした。

 

もちろん勉強だってそんなにできるタイプじゃありませんでした。

 

休みの最後で終わらなくなった読書感想文、ここだけの話…親が書いた作文で入賞してしまったというエピソードも…。

 

そう、私の親も教え方を知らなかったということです。

 

塾や家庭教師をつけてもらって勉強した時期もありましたけど、文章力は上がらず…

 

学校の勉強の中では、作文を書く機会はそう多くはないので、何とか乗り切ってこられました。

 

しかし、社会に出てからは仕事のメールを作るのもひと苦労で…

 

できることなら自分の子どもには文章力がないことで悩んでほしくない。

 

子どものうちに書くことに慣れておいてほしいと思いました。

 

 

でも、私も仕事があるので、ずっと子供について作文を見てやる時間はないし…

 

どこかの塾で習えたらいいんだけど。

 

そこで検討したのが作文教室や通信教材でした。

 

作文教室や教材ってどれくらいお金がかかるの?

文章力をつけるためには、専門の作文教材や教室に通うことを思いつきました。

 

特に私のように文章が不得意な親はプロにお任せするのが一番です。

 

でも、どれくらいお金がかかるのか気になるところですよね。

 

うちは子どもが3人いるので、塾に通わせるのも結構お金がかかります。

 

調べてみたところ、作文教室では高いところだと入会費込みで1か月分が4万円~安いところで8千円程度。

 

しっかりと文章力を身に付けるためには1年くらいは通わせたいので、安くても9.6万円

 

もう少し費用を抑えられないかと通信の教材も探してみました。

 

通信の場合、高いところで入会金込みの3万円~安いところで5千円程度でした。

 

こちらも1年くらい取り組むと、安くても6万円でした。

 

半年だと3万円なので、基礎が身に付くまでの期間やってみることにしました。

 

 

結果を先にいいますと、通信作文で有名なぶんぶん〇〇〇に取り組んだ期間は半年間。

 

最初は前向きに取り組んでいましたが、いつの間にかため込むようになってしまいました。

 

簡単に取り組める教材でしたが、

 

文章力も語彙力もそれほどつかず…

 

添削回数も月に2回なので習慣化~改善につながりにくかったです。

 

月額5000円程度だったので、作文だけの教材と考えると、もう少し安価だと続けやすいというのも本音でした。

 

親の私が教え方を知らないので、子どもが作文教材をやらなければ叱ってしまったり、やる気にさせられなかったのも大きな原因だと思います。

 

私も仕事や家事・育児で忙しくしているので、子どには教材を見ながらひとりで勉強してほしかったけど、そう上手くはいきませんでした。

 

かといって、近くに作文教室はないし…料金もばかになりません。

このまま文章力がない大人になるしかないのだろうか…

 

諦めきれず他の教材を検討していたところ、先ほどもお話しした作文教室の先生が作文教材を開発されたと聞きました。

 

眞野玲子先生という方なのですが、先生は元ベースボールマガジン社の記者で現在は作文教室を主宰していて指導者数は2000人以上というプロフェッショナル。

らくらく文章術ドリルは全600分の大ボリューム!小学生の日記や読書感想文から、大学入試の論文レベルまでこの教材一つで学ぶことが出来ます

 

そんな眞野玲子先生ご自身も3人のお子さんを育てる中で、叱りながら指導してしまった経験があるそうです。

 

その失敗の経験から子どものやる気をアップさせる伝え方を知っていることが、文章力を伸ばすうえで大切だと教えてくれました。

 

基礎からしっかりと学び簡単な短文から取り組んでいくことが重要になるそうです。

 

そして文章が書けるようになると物事の整理整頓ができるようになるため論理的思考力が育つとのこと。

 

文章力を上げるために必要なこととは?

 

文章力を上げるためには、順を追って書く練習をしていく必要があることはわかりました。

 

では、その練習とはいったいどんなものなのでしょうか?

 

眞野玲子先生の作文教室で指導している方法では、学年別のコース分けをしていないそうなんです。

 

文章が苦手な子は基礎から学ぶことが大切だという考えから、個人のペースに合わせて進めることを大切にされています。

 

どのようなレベルの人でも学習を進められるように、入門~上級レベルまで、全てを一つの教材にまとめられているそうです。

 

眞野玲子先生が開発した一生使える文章力教材こそが『文章術ドリル』です。

 

子どもは文章が書けるようになると読解力も伸びるため、国語の能力だけでなく他の教科の成績アップにつながることも多いそうです。

 

勉強が苦手なお子さんにこそ、文章が書けるようになることで身につく国語力を習得させてあげたいところですよね。

文章術ドリルって?

【説明文】子どもの日記から、新聞記事、職場のメール文作成まで幅広く使う能力 【意見文】受験の小論文やコラム記事を作成するときに重要 【物語文】小説家や脚本家など、創造力を求められる文章で重要 【読書感想文】上記3つと異なる独特なジャンルで「賞を取りやすい文章構成」の型は決まっており、そのノウハウを公開/文章のプロと思われがちな新聞記者の人でも、「記事は書けても物語文は一切かけない」場合が多いですし、「物語はすらすら書けるけど小論文になると全く書けない」人もいます。苦手なジャンルがわかるようになれば、どこを重点的に学ぶべきかも判明するため、学習の効率もアップします。

 

文章術ドリルは眞野玲子先生がこれまでの指導経験から独自に編み出した文章力を上げるためのカリキュラムがまとめられています。

 

そもそも教育の現場では、説明文・意見文・物語文・即所感想文などの種類分けがされていません。

 

答えがない分野ではありますが、多くの塾でも作文については、ざっくりと丸投げにされている部分が多いとのこと。

 

なので、習っていないんです。

 

出来なくても仕方がないともいえますよね。

 

文章術ドリルでは、一緒に考えて見本を提示して、子供が納得して書けるようになっていくとのこと。

 

らくらく文章術ドリルなら小学生の短文から大学入試の論文まで対応 【入門レベル】書くことに抵抗がなくなる、短文が書ける 【初級レベル】自分の意見を200文字の作文にできる 【中級レベル】公立中高一貫校の適性検査Ⅰ対策(400文字程度の作文) 【上級レベル】都立高校や大学入試の小論文(800文字程度の作文)エントリーシートや志望動機書、営業提案書が書けるようになる

 

らくらく文章術ドリルは、小学生から大人まで誰でもできる文章力アップ法を教えている教材になります。

 

最近では小学生に限らず大人でも文章で苦労している人が多いとのこと。

 

リモートワークが始まったことで、メールでのやり取りが増え、文章が伝わらず仕事がスムーズにいかない例も多く聞くと先生が話していました。

 

なので、お子さんだけでなく、大人の私たちにもスムーズなコミュニケーションスキルを与えてくれる教材となりそうです。

間違った指導法は勉強嫌いにさせる!

 

私もやってしまっていた間違った指導法。

 

間違えた指導や勉強方法を繰り返しても、勉強ができるようにならないばかりか親子の仲も悪くなってしまいますよね。

 

学校の先生が言っていることでさえも、お子さんに合った指導方法でなければ、効果はあまり期待できないかもしれません。

 

そんな状況を変えたいという思いから、この教材は誕生したそうです。

 

あなたのお子さんのレベルにあった作文に取り組むことで、効果が出やすいということです。

 

いきなり難しいところから始めても、良い結果は出ません。

 

もっと先に進めるお子さんは、どんどん学習していけるので学年での区切りがないところも嬉しいですよね。

 

また多くの作文教材では、作文をどのように描くのかを重点的に解説されています。

 

しかし、作文力が最も身につくのは『誰かに文章を指導すること』です。

 

親は作文を添削することで、自分自身に知識が定着し、理解しようとするので親子で伸びていくことができるというわけです。

 

その添削方法も眞野先生が動画で実践されていますので、最初はマネしていくだけでOK!

 

このらくらく文章術ドリルの方法を理解すれば、①この文章のどこを改善すれば、より良い文章が書けるようになるのか?②なぜこの文章は“良い文章”と評価されるのか?という、“指導力”や“目利きの力”も身につきます。/実際にらくらく文章術ドリルの本編で紹介されている公立の中高一貫校の適性検査を受けるお子さんの文章を添削している様子

 

 

眞野玲子先生自身が延べ2000人の生徒さんを指導してきたからこそ、正しい学習法で文章力が身につくことを知っているから誕生した教材といえます。

 

眞野玲子先生がいつも言うのは、とにかく楽しくやってほしい!

 

子どもが嫌う要素はなるべく避けて…

 

だからこそ、指導法までしっかり詰め込んだ教材を作り上げたそうです。

 

では、この『文章術ドリル』を作った眞野玲子先生はいったいどんな人なのでしょうか?

 

実は、ただの作文教室の先生ではなく、有名雑誌のライターを経て児童向けだけでなく、就活生や社会人を対象とした作文講義も展開するすごい先生なんです。

眞野玲子先生ってどんな人?

 

開発者紹介 指導者数2,000人以上 早稲田大学を小論文入試で合格 元ベースボールマガジン社の記者 らくらく文章術ドリル開発者 眞野玲子先生 (あおぞら作文教室運営 受検作文論文アカデミー運営 株式会社立命代表)

 

 

週刊ベースボール編集部に配属していた際には、社内新人賞受賞。

 

日本ハムファイターズや中日ドラゴンズを担当。

 

元監督・故大沢啓二氏や元監督・故星野仙一氏のほか、主力選手などのインタビュー、原稿作成、編集など

 

週刊誌のため取材数がかなり多くスピードも要求されるため、4年半の間ライティングのノウハウを学んだそうです。

 

結婚を機に退職。

 

ライター活動を始めてからは、NHK出版きょうの健康、季刊ベースボールなどの記事を執筆。

 

足立区登録介助員として、足立区の公立小学校の介助が必要な小学生のサポートに従事するなかで学校のシステムを熟知。

 

「書き方を教える指導がない」ことに気付いたそうです。

 

読売文化センター町屋より、作文教室講師依頼をきっかけに地域で作文指導を始めたという眞野先生。

 

大手進学塾での修業期間を経て、作文指導を本格的にスタート。

 

現在では小学生の作文指導を中心とした「あおぞら作文教室」に加えて、考える力を身に着ける高学年向け「思考力クラス」、「適性検査対策クラス」、都立高校の推薦入試合格を目指す「中学生クラス」などを運営しています。

児童や生徒向けはもちろん、就活生や社会人を対象とした作文講義も展開

 

 

などなど・・・

 

上にあげたものは一部ですが、実際に指導している作文教室の先生です。

 

眞野玲子先生がこの文章術ドリルの開発に至った経緯はこちら。

 

らくらく文章術ドリルは「経済格差ゆえの教育格差」を無くすことを目指しています | 日本では経済格差が教育格差を生み、高度な教育を受けるためにはどうしても高い養育費が必要になってしまいます。らくらく文章術ドリルはその状況を少しでも改善できるよう、ボリュームは大きく、価格は安く提供できる状態を作り上げました。1世帯につき1回のご購入でご利用いただけますので、ご本人様だけでなく、ご家族の皆さんでらくらく文章術ドリルにチャレンジしてみてください。 眞野玲子

 

眞野先生の教育に対する熱い思いが詰まった教材となっています。

 

平等な教育を実現するための教材として東京都足立区でも推奨を受けています。

 

大人が見本を見せてあげることで、お子さんが納得して次に進んでほしいという思いで指導法もお伝えしているとのこと。

 

眞野玲子先生に指導してもらった人たちからも様々な喜びの声が上がっています。

 

読書感想文の代表になりました! 東京都公立小学校4年 小林和樹くんのお母様

「成績は悪くないのに作文・読解が苦手」そんな娘が急成長しました 麗澤中学校1年 野元美希さんのお母様

息子は作文のどこが苦手なのかを父である自分が気付いてあげられるようになりました 横浜市公立小学校 安田あさひ君 安田とおるさん親子(40代・自営業)

文章術ドリルはどんな教材

 

そこで、このらくらく文章術ドリルではこれまでの作文教材とは大きく異なり小学1年生から大人まで全ての人を対象とした全く新しいオンライン教材を開発しました

 

文章術ドリルは動画教材です。

 

動画なので、ホワイトボートを使いながらわかりやすく説明してくれています。

 

わからないところは前に戻って何度も聞くことができるので

自分のペースで進めることができます。

 

しかもオンライン形式なので、DVDが届くのを待つことなく視聴可能!

 

文章を書くのが苦手という方にも取り組みやすい工夫が至る所にあります。

 

そこで、らくらく文章術ドリルでは、そんな人たちでも「これされ覚えていれば、各段に文章の質が上がる!」という、即効性の高い手法を公開しています。【小学生や文章が苦手な人向け】文章上手くなる3か条 【上手い文章だ!と唸らせたい人向け】文章がもっと上手くなる5か条

 

実際に眞野玲子先生の作文教室で使用されている、ドリルもPDFのデーターで入っています。

 

また、お子さんにもわかりやすい文章がうまくなる3か条や5か条も!

 

ポイントが抑えられているので書くことに迷いがなくなります。

 

動画は8章構成で全部で600分以上の動画がありますので、抜け漏れなく伝えてくれています。

 

以下がコンテンツの内容になります。

 

らくらく文章術ドリルなら小学生の短文から大学入試の論文まで対応 【入門レベル】書くことに抵抗がなくなる、短文が書ける 【初級レベル】自分の意見を200文字の作文にできる 【中級レベル】公立中高一貫校の適性検査Ⅰ対策(400文字程度の作文) 【上級レベル】都立高校や大学入試の小論文(800文字程度の作文)エントリーシートや志望動機書、営業提案書が書けるようになる

文章術ドリルは場所を選ばない

 

すべてオンラインでの動画形式なので、スマホやタブレットでの視聴も可能!

 

どこにいてもタブレットやケータイから見られるので、いつでもどこでも文章力を学ぶことができて嬉しいですよね。

 

さらに他社の製品と比較しても、圧倒的なボリュームはもちろんサポートも申し分ありません!

 

ここまでスゴイと値段も気になりますよね。

 

そちらも、全然心配ありません!

 

小学生の短文から中学、高校受験、大学入試の論文まで対応。

 

平等な教育を実現するための教材として東京都足立区でも推奨を受けています。

 

らくらく文章術ドリルは小学生から大学入試レベルまで、全てを網羅して19,800円(+税)です 【保護者の方も安心】・1世帯1アカウントで共有できるため、兄弟姉妹が何人いてもこの価格! ・進みたい子はどんどん先へ、文章が苦手な子は基礎から学習ができる! ・小学校低学年~高学年、高校入試向けに開発された、実際に眞野先生の教室で販売・使用している問題集付きの作文ノートも2冊無料でダウンロード可能!

兄弟で1つのアカウントを使えるのも嬉しいところですよね。

 

ノートもダウンロードして印刷できるのでお子さんの分だけ準備できます。

 

ちなみにうちの子は、1日20分と決めて取り組んでいます。

 

日々の出来事を毎日書いて添削するだけで、どんどんスキルアップしていくのが分かりました。

 

本人も文章術ドリルの内容を実践するだけで目に見えて書けるようになるので

楽しみながら喜んで取り組んでいます。

 

文章術ドリルで文章力アップにかかる費用を低コストに!

 

 

ここからはもう一度、作文教室のかかる費用をおさらいしていきましょう。

 

まず、作文教室で指導を受けるときの相場は入会費込みで1か月分が4万円~安いところで8千円程度。

 

しっかりと文章力を身に付けるためには1年くらいは通わせたいので、安くても9.6万円。

 

学年に合わせて教材が進んでいくので、2年通うなら20万にもなります。

 

もう少し費用を抑えられないかと通信の教材も見てみます。

 

通信の場合、高いところで入会金込みの3万円~安いところで5千円程度。

 

こちらも1年くらい取り組むと、安くても6万円でした。

 

基礎が身に付くまでの期間やってみると、早くても半年以上は見た方がいいでしょう。

 

しかし、文章力をつけるためには繰り返しが必要

 

学年に合わせてレベルアップしていきたいのであれば高額な費用がかかってしまいます。

 

2年間、上記のプランで参加した場合 19,800円(+税) スマホやパソコンから会員サイトにアクセスするタイプであり塾のような教室の家賃代や教科書などの発送費用などかからないため低価格での提供が実現できました!

 

ところが『文章術ドリル』なら毎日動画を観て学習することができるので、それだけ習得も早くなると予想できますよね。

 

文章術ドリルなら19,800円+税のみ!

 

毎日どこにいても、どの時間でも自分に合った動画に取り組めてこの値段ですから、費用対効果は抜群です!

 

分割払いもできるので、1月当たりで計算すると908円!

 

ランチを1回我慢すれば買えちゃいます!

 

兄弟がいれば、みんなで使えますし、かなりお得だと思います。

 

通信のタブレット教材などの場合、それぞれ端末を用意しなければならないので、人数分お金がかかるんですよね。

 

そう考えると、文章術ドリルはかなり良心的な価格です。

 

 

子どもが3人なら、1人当たり6600円です。

 

しかも、小学生の短文から大学入試の論文まで対応!

 

中学受験や高校、大学受験にも心強い味方になってくれそうです。

 

学習塾なら1か月分ほどで3人分まかなえると考えたら得でしかないですよね。

 

大人の指導方法も付いているので、父母も入れたら一人当たり3960円です。

 

 

そして、こんな結果も!

 

小学3年生以下の子どもが一人で通信教育の教材をやりきることができたのか?

 

ネット上では通信教材も一人でできるという口コミが多いですが、アンケートを見てみると意外とできていないことが分かりました。

お願い 小学3年生以下のお子さんを持つ保護者の方へ らくらく文章術ドリルは保護者の方のサポートが必要です 当教材の方針として、小学3年生以下のお子さんに学んでいただく場合は、保護者の方、大人の方の付き添いをお願いしております。「放置で勝手に勉強してくれる」ことが理想かとも思いますが、特に、お子様が小さい場合は、いかに保護者の方が教育に関与するかがとても重要だと考えています。 Q.小学3年生以下だった頃のお子さんは一人で通信教育の教材をやりきることはできましたか? 1人で出来た 111人 親のサポートが必要だった 288人(2020年4月実施 自社アンケート 有効回答399件)

 

タブレットを買っても親が面倒を見なければいけないなんて…

 

一人でもできるというコンセプトの教材が多いですが、実際の結果はこう。

 

実際にうちでもスマイル○○のタブレットを解約しましたし…

 

それを考えると指導者向けにもコンテンツが作られている文章術ドリルの方がいいですよね。

 

私もできることなら、子供には一人で勉強してほしい、勝手にやってくれればいいなと、通信教材やタブレット端末、個別指導塾などにも通わせました。

 

しかし、子供3人を育ててみて

やっぱり親が家庭で子供の勉強を見る時間がなければ、

学習習慣は身につかないということがよくわかりました。

 

結局どんな選択をしても親の介入は必要でした。

 

小学校低学年こそ、親がサポートしながら関わることが大切なんですよね。

 

文章の添削方法だけじゃない! らくらく文章術ドリルでは保護者の方向けに「お子さんの可能性を潰さないための指導術」も紹介されています ●子どもの書く力の発達曲線 ●どのようにお子さんの成長に気づき褒めてあげるか

原稿用紙2枚分の読書感想文の真実…

 

夏休みの宿題などでよく出される読書感想文。

 

これって実はかなり難易度が高いです。

 

なんと原稿用紙2枚分の読書感想文は大学受験の小論文レベル!

 

文章を書けない子には苦手意識を強く植え付けてしまいます。

原稿用紙2枚分の読書感想文は大学受験の小論文レベル!「書けない」「苦手」の意識を植え付けてしまいます らくらく文章術ドリルは短い文章からチャレンジさせて「自分でも書ける!」という成功体験を積み重ねていける教材です

短時間で読書感想文を克服する方法も収録!

 

読書感想文の難易度が高いといっても、学校が課題を出す以上書かなくてはなりませんよね。

 

それでも、学校が課題を出す以上読書感想文は書かなくてはいけません… らくらく文章術ドリルは短時間で読書感想文が書けるようになるための講義も収録されています 読書感想文の書き方と賞を取る文章の構成

中学受験に必要な文章力も鍛えます

 

らくらく文章術ドリルでは、公立の中高一貫校の受験に役立つ特別講義も収録されています。

 

中学受験に必要な文章力もらくらく文章術ドリルで鍛えられます 公立の中高一貫校の受験(受検)攻略のための特別講義も収録 公立中高一貫の受験(受検)で評価される小論文の3つの視点とその書き方

書ける!できる!の経験の積み重ねで文章力もアップ

 

らくらく文章術ドリルで、書けるようになることでお子さんの自信が身に付きます。

 

読解力がつきテストの点数がアップしたというお子さんも多いです。

 

「できる!」「書ける!」を体験できるとお子さんも自信が持てるようになります

ひと月908円で学べる!いつでもどこでも動画も見放題

 

スマートフォンやパソコンで今すぐ学べる東京都足立区創業プランコンテスト最優秀賞受賞教材 らくらく文章術ドリル

 

ひと月たった908円(1日当たり30円)で、

文章力が身に付いたらお子さんの日々の行動にも変化が出ています。

 

自分の気持ちや感情を正しく伝えられるようになることで、

お友達や先生からの信頼も厚くなりますね。

 

販売して間もないので眞野玲子先生の圧倒的な情報を最短で手に入れるなら今しかないです!

 

商品のボリュームも圧倒的ですが、

カバーしている範囲やサポートも充実しているのに他の教材よりも安価。

この教材の特長は、小学生から大人までが対象となっています。

文章が苦手だという親御さんも、

通信教材など別に購入する必要なくお子さんと一緒に学べます。

自分一人で教えられるか不安という方には、

購入者限定で眞野先生から直接サポートが受けられるサービスもありますよ。

 

慣れるまではそこで学んで、実践方法を取得するのもありだと思います。

東京都足立区推薦の教材です

 

文章術ドリルは、足立区推薦の教材です。

らくらく文章術ドリルは東京都足立区創業プランコンテストで最優秀賞を受賞したオンライン作文教材です

 

正しい文章の書き方を学ぶことでお子さんの人生を豊かに!

 

小学生のころから「魅力的な文章」が書けると学校生活にも良い影響を与えてくれます

 

苦手な文章を克服するためにも、

早急に正しい学習法を学ぶ必要があります。

 

学年別のコースに分かれていないからこそ、

自分の好きなペースで学習が進められるので安心です。

 

正しい方法で取り組むことで、

文章力がついてコミュニケーションもスムーズになり、

今までよりも周りの人との関係も良くなります!

 

能力面の変化 (1)考えていることを整理できるようになる (2)読解能力が高まる (3)感情表現が豊かになる (4)会話の質が上がる (5)自分の言いたいことを伝えられるようになる (6)物事を深くまで考えられるようになる

また文章への理解が深まりことで、他の教科の点数が上がることも!

学校生活の変化 (1)読書感想文で表彰される (2)卒業生を送る言葉など代表に選ばれる (3)国語だけでなく、5教科全ての理解力が増す (4)先生から信頼される (5)中学受験の面接でも役に立つ (6)学級委員に選ばれる

お子さんの明るい未来を手に入れるために今すぐ始めてみませんか?

 

 

 

 

 

 

圧倒的なコンテンツボリュームと適切な指導の仕方まで付いたサポートを活かして、

お子さん将来を明るくしていきましょう。

 

今まで考えても答えが出なかったお子さんやご自身の文章力の悩みも、もう今日までです!

 

これからは子ども本人も語彙が増えることでコミュニケーション能力が豊かになり、

論理的思考が育つので学校生活も楽しくなりそうですね。

 

そんなワクワクする生活を手に入れましょう!