BBQの王道と言えば、「肉」ですね!
アウトドアで肉の塊を豪快に焼き上げシェアし合う。
BBQの醍醐味の1つです。
そこで、塊の肉の豪快料理を1つ覚えましょう。
屋外で味わう塊肉を満喫してください。

スポンサーリンク



BBQ(バーベキュー)のレシピ!「肉の塊」の注意点

レシピに入る前に注意点です。
お肉は、牛肉、豚肉、鶏肉、ラム肉など1.0キロ以上の肉の塊を
焼きたいと思う事もBBQならあります。
焼けばOK!というひともいらっしゃるかと思いますが、
肉の美味しさを十分引き出すだじゃなく、
食中毒にも十分配慮した焼き方を覚えましょう。
だってBBQが嫌な思い出に変わってしまうかも知れませんから・・
基本は「中までしっかり焼く」「焼くときはトング使用」です。

今回は得に厚い「肉の塊」です。
なんでも同じ焼き方では、中まで焼けてるか不安です。
しっかり焼いて美味しく食べましょう。

滅多に食べれませんが、ステーキは、表面はきっちり焼けて中が、
ピンクのお肉が厚切ステーキだと食欲をそそります。

↑美味しそうです。↑
あれ?でも「ピンクって中まで焼けてないのでは?」と思いませんか?

でも心配いりません。
「熟成肉」という技術の名前を聞いた事はありますか?
生の肉を長期間寝かせ保管する事です。
当然、生の肉を長期間保管しますのでカビます。
ただし、表面だけです。中まで菌は入りこむのは大変です。
熟成肉も表面を切り落として出荷します。
したがって、中がピンクでも問題ありません。

ただ、焼けたからといってすぐにカットするのはやめましょう。
(次の『BBQ(バーベキュー)のレシピ!肉は「肉の塊」の焼き方』で詳しく書きます。

そして最大の注意点です。
あくまでも牛肉の話です。
しかし 薄い肉やハンバーグやサイコロステーキは除外です。
当然、鳥や豚肉も除外です。
鶏・豚は本当に中まで熱を通しましょう。
鶏・豚にはダッチオーブンやアルミホイル包みを活用しましょう。
中まできっちり熱が通ります。

スポンサーリンク


BBQ(バーベキュー)のレシピ!「肉の塊」の基本の焼き方

お肉を常温にする。

焼き始める30分程度前に日陰に出しましょう。
(BBQがはじまって直ぐかとおもいます。)
冷たいままで焼く → 想像通り「中は冷たい」もしくは「表面が焦げる」
最悪の焼き上がりです。

下味をつける。

焼く前にお肉全体に塩をふりましょう。
塩をふると下味の他に旨味を閉じ込めるという効果もあります。

炭の温度確認し焼く。

網に油を塗り、ステーキを丁寧に網の上にのせます。
最初の面を4分間目安に焼きましょう。
焼き具合を確認し、焼いている面の下が白くなってきたら裏返します。
ステーキの表面に油をぬる表面の乾燥や焼きムラを防ぎます。
仕上げに側面も1分ずつ焼きます。
全ての面を焼きましょう。
おまけ
焼け具合を確かめる為に、ナイフでカットして確認する事は、
せっかくの肉汁が出てしまい、結構もったいないです。
お肉の表面から肉汁がにじみ出てきたら、火から外しましょう。
それ以上火に掛けないことが重要です。

お肉を休ませる。

炭の火力がそれほど高くない場所にステーキを移動させ、
保温状態で3〜5分ほど休ませます。
火から外しても余熱を利用し内部の温度は上昇を続けます。
また、旨味である肉汁が循環しステーキの中にとどまります。
(肉汁を外にこぼさない事になります。)
お肉を柔らかく保つことができ、ジューシーで柔らな食感に仕上がります。
直ぐにカットせず少し休ませてからカットするという事が非常に重要です。
コンロを空けたい時は、アルミホイルで包んでから休ませましょう。

スポンサーリンク


BBQ(バーベキュー)のレシピ!「肉の塊」のレシピ

 

シュラスコ

鉄串に牛・豚・鶏肉を刺してじっくり焼く、ブラジルをはじめとする肉料理

材料(1人前)
・牛赤身モモ肉…150g ・塩…適宜
炭は全面に敷き詰めてグリル面すべてを利用します。

常温に戻しておいた牛赤身モモ肉の水分をキッチンペーパーなどでよく拭き取る。
牛赤身モモ肉に金串またはサーベルを刺し、強火の遠火でゆっくり回しながら焼く。
焼けたところからナイフで削ぎ切って食べていき、削いだ部分には塩を振ってまた焼く。
大きさが1/3程度になったらローストビーフの様になっているますので、切り分けて召し上がれ。

鉄板シュラスコ

鉄板なら、手軽にシュラスコを楽しめます!
材料(1人前)
・牛モモ肉の塊…200g ・牛脂…50g ・ニンニク…好み ・塩…少々
牛モモ肉全体に塩をすり込む。
鉄板に牛脂の半分を溶かし、ニンニクを炒める。
牛モモ肉を鉄板にのせ、中火で全面を焼く。
焼けた面からスライスして、たべましょう。
これを繰り返しましょう。

肩スペアリブグリル

すり込んだスペアリブは、大人も子どもも楽しめるアメリカンBBQの味。
甘味の効いた味付けは豚肉との相性がバッチリです


材料(3人前)
・豚肩スペアリブ(カタマリ)…1枚
・玉ねぎ(すりおろし)1/2個分・にんにく(すりおろし) 小さじ1・醤油大さじ2
・酒大さじ1・ウスターソース 大さじ1・ハチミツ 大さじ1
※面倒なら焼肉のタレでもそれなりになります。
ジッパー袋に入れて30分ほどクーラーの中に入れてなじませる。
袋から取り出し豚肩スペアリブの骨側の面を下にして蓋をかぶせて焼く。
途中何度か返しながらじっくりと焼く。
肉の厚い部分にナイフを刺し、火が通っていたら出来上がり。

ローストチキン

ダッチオーブンで鶏一羽丸々。野菜が甘くて美味しい。


材料(4人前)
・鶏一羽・にんじん2本 ・じゃがいも3個 ・ブロッコリー1個 ・しめじ1株
・ローリエの葉 1枚 ・ローズマリー お好み ・レモン1個 ・オリーブオイル 適宜
・にんにく 2かけ ・塩適宜 ・コショウ適宜 ・玉ねぎ2個
【下準備】
鶏は表面とお腹の中を洗う。表面とお腹の中にレモン汁をまぶす。
しばらくキッチンペーパーの上に置いておく。
塩、コショウ・にんにくを鶏に擦りこむ。
鶏のお腹ににんにくを数個、たまねぎスライス、ローズマリーを入れる。
つまようじで閉じる。
1時間30分程度ジップロックに入れて、冷蔵庫で仕込んだ鶏を寝かす。
【焼く】
ダッチオーブンに底網を敷き、鶏と野菜類を入れる(適宜ぶつ切り)。
上からオリーブオイルをひとかけする。
ふたをして、最初は上下とも強火、湯気が出てきたら下を中火、1時間程度焼く。
焼き目がついたら出来上がり。
仕込みが重要です。
BBQに行く前にしっかりと擦りこみ、鶏を寝かしましょう。

スポンサーリンク


BBQ(バーベキュー)のレシピ!肉は「肉の塊」で焼く!!のまとめ

BBQの浪漫「塊」で焼くを書いてみました。
塊のままで焼き上げる様はワイルドですよね。
味は絶品で、見た目も最高で、写真映えもします。
肉汁を大事にして美味しく食べましょう。