2019年3月15日放送の中居正広の金曜日のスマイルたちへでは、30万部も売れているという「その調理、9割の栄養捨ててます」の調理法を紹介!

料理の時に、気づかないうちに栄養をたくさん捨てていることがあるなんて、なんだかショックですよね。

こちらでは、金スマで教えてくれた栄養を捨てない正しい調理法をまとめます。

スポンサーリンク



金スマで栄養を捨てない正しい調理法を紹介


今回の金スマでは、栄養を捨てない正しい調理法を紹介してくれました。

まずは、世間一般的に捨てている栄養が多い調理法のランキングです。

8位 ごぼう

ごぼうは、あく抜きすると栄養素が40パーセント減。

ごぼうのアクだと思っている部分は、うまみ成分。

うまみ成分が抜けてしまうため、皮もむかない方が良いとのこと。

7位 ブロッコリー

ブロッコリーは、茎を食べないと栄養素40パーセント減。

固い外側を剥いて、調理。

栄養を捨てないために、レンジでチンしたり、蒸すと良いそうです。

6位 納豆

納豆は、加熱して食べると酵素が50パーセント減。

納豆汁・納豆チャーハンや納豆オムレツにするのはもったいないそうです。

アツアツのご飯にかけるのも、酵素が減ってしまうため、炊き立てのご飯は3分程度置いてから食べるといいそうです。

スポンサーリンク

5位 ピーマン

ピーマンはワタを捨てると、栄養素が90パーセント減!

栄養は豊富でも、独特の苦みがあるため、肉詰めなどにするときにならないそうです。

4位 りんご

りんごは、いつもの切り方だと栄養を80%減!

皮をむかずに、スターカット・輪切りにすると良いそうです。

3位 ニンジン

ニンジンは、生で食べるとベータカロテンが60パーセント減!

ニンジンは、油に溶けるが水に溶けないそうで、油でいためたり揚げたりするといいそうです。

生で食べるときは、マヨネーズやバーニャカウダーと一緒に摂るといいとのこと。

2位 大根

大根は、おでんにするとほぼ栄養ゼロ。

加熱調理ではなく、大根おろしなど生で食べると良いとのこと。

1位 ごま

胡麻は、擦らないで食べると栄養の吸収がゼロ!

胡麻は固い皮で覆われているため、口の中でかみ砕くのは難しく、消化にも耐えてしまい栄養を吸収できないそうです。

ただし、酸化しやすいので食べるときにするのがベスト。

スポンサーリンク

番外編・油劣ると痩せる?

油はカロリーが高く、体に悪いとイメージされ、摂取すると太ると思われてきました。

しかし、油の中に含まれる脂質によって代謝がアップするのだそうです。

ごま油やオリーブオイル・えごま油など植物を原料として作られた油には、必須脂肪酸が含まれています。

必須脂肪酸
人間の体では作り出すことができず、食べることでしか体内に入れられないもの。

また必須脂肪酸は、体内の脂肪を燃やす働きがあるとのこと。

油は、体内の脂肪燃焼の着火剤になってくれる!

スポンサーリンク


金スマ!栄養を捨てない調理法「その調理、9割の栄養捨ててます」のまとめ

こちらでは、金スマで教えてくれた「その調理、9割の栄養捨ててます」の栄養を捨てない調理法についてまとめてきました。