子供はおやつが大好きです。

しかし、子供が大好きおやつは虫歯になりやすいというイメージがあります。

ママとしては子供にはできれば、虫歯なんてなってほしくないですよね。でも実は、虫歯になりにくいおやつが、虫歯になりにくい食べ物があるんです。

今回はママ必見の虫歯になりにくいおやつや食べ物を、虫歯になりやすい食べ物と飲み物と合わせてご紹介します。

スポンサーリンク





虫歯になりにくいおやつや食べ物は?

(チョコレート・ガム・飴)
まずは、虫歯になりにくいおやつと食べ物の理由を合わせて、それぞれご紹介します。

虫歯になりにくいおやつ

ゼリー 口の中に滞在時間が短い 糖分は多い
プリン 口の中に滞在時間が短い 糖分は多い
ヨーグルト 口の中に滞在時間が短い
りんごなど果物 食物繊維など噛む回数が多い
ナッツ 噛む回数が多い 糖分が少ない

虫歯になりにくいおやつは口の中にいる時間が短い、噛む回数が多い、糖分が少ないおやつです。

口の中にいる時間が多いと虫歯が進行していってしまうので糖分の量より、口の中に留まる時間が重要です。

噛む回数が多ければそれだけ唾液も増えます。

唾液には自浄作用があり、口の中をきれいにしてくれるので、虫歯の予防になります。

糖分が少なければ糖分を取り込んで酸をつくる虫歯の原因が減ります。

また虫歯になりにくい甘味料、キシリトールを使ったお菓子も年々増えていますね。

虫歯になりにくい食べ物

野菜 繊維が多く噛む回数が多い
豆類 繊維が多く噛む回数が多い
魚介類 カルシウムが多く歯を強くする
乳製品 カルシウムが多く歯を強くする

これらの食品野菜、豆類、魚介類はアルカリ性食品で虫歯菌のもととなる酸を中和します。カルシウムは骨を丈夫にしてくれるので、歯も強くします。

スポンサーリンク




虫歯になりやすい食べ物や飲み物は?

虫歯になりやすい食べ物や飲み物をご紹介します。

少し以外な飲み物も虫歯になりやすいので、こちらもぜひ確認してください。

虫歯になりやすい食べ物

菓子パン 歯と歯の間にのこりやすい
キャンディー 糖分が多く歯にくっつきやすい
チョコレート 糖分が多く歯にくっつきやすい
クッキー 歯と歯の間に残りやすい
ウエハース 歯にくっつきやすい
ガム 糖分が多く口の中に滞在時間が長い
スナック菓子 歯にくっつきやすい

チョコレートやキャンディーは広く知られていますよね。糖分が多く、口の中、歯に残りやすい食品です。

ガムは甘味料にキシリトールをつかっているものも多くありますが、糖分は多いです。長く噛むことが多いので虫歯になりやすいです。

このような歯にくっつきやすい、糖分が多い、滞在時間が多い食品は虫歯になりやすいので、なるべく避けること、食べたらすぐに歯磨きをおすすめします。

虫歯になりやすい飲み物

ジュース 糖分が多い
イオン飲料 糖分が多い
乳酸飲料 糖分が多い

水分補給とミネラル補給ができるイオン飲料ですが、糖分が多いので飲みすぎには注意が必要です。

同じく身体に良い乳酸菌飲料ですが、こちらも糖分が多いので注意が必要です。

子供を虫歯にさせないための生活習慣!

子供を虫歯にさせないためには、なりやすい食べ物や飲み物に気をつけるだけでなく、生活習慣もあるんです。

うれ

食べ物は同じ糖分の量でも、だらだらと長い時間食べることのほうが虫歯になりやすいです。おやつは決まった時間に決まった量を食べさせ、だらだらと食べることのないようにすることが重要です。

うれ

歯磨きは、一番重要です。食べたら歯磨き、とセットにしましょう。すぐに歯を磨くことができないときは、口をすすぐだけでも違います。特に寝ている間に虫歯菌は増えていきます。寝る前は特にきちんと磨きましょう。

歯磨きは楽しい時間となるように工夫をすることで、毎日続けられると思います。

楽しくできるような動画や絵本も販売されています。

活用してみるのもよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク




虫歯になりにくいおやつ!子供を虫歯にさせたくないママ必見の食べ物のまとめ

今回は虫歯になりにくいおやつ、子供を虫歯にさせたくないママ必見の食べ物をご紹介しました。

お子さんの一生使う大事な歯、虫歯にはなってほしくないですよね。

なりやすい食品を避けたり、生活習慣を見直すことで虫歯になりにくい環境をぜひ整えてあげてください。