2019年1月16日放送の1周回って知らない話では、芸能人ハワイの年越し密着ということで芸能人が正月にハワイへ行く理由を紹介!

コチラでは、1周回って知らない話で紹介された芸能人が正月にハワイへ行く理由はなぜなのかについてまとめていきます。

スポンサーリンク



お正月といえば芸能人のハワイインタビュー


芸能人のお正月といえばハワイの空港や成田空港でインタビューを受ける突撃インタビュー。

一体いつから芸能人=ハワイが当たり前になったのでしょうか。

一周回って知らないその歴史について番組では紹介されました。

スポンサーリンク

芸能人が正月にハワイへ行く理由はなぜ?

2010年代~の芸能人のお正月ハワイ取材を調査していくと、大物芸能人の他、お正月の生放送後にハワイに行くお笑い芸人が定番化してきたそうです。

しかし完全プライベートのためほとんど人が芸人スイッチをオフ。

2000年代では、一家総出の芸能人や紅白歌合戦後にハワイに来た大物歌手などあらゆるジャンルの芸能人がハワイを訪れていたとのこと。

1990年代の取材映像では、芸能人同士のおしどり夫婦や80年代に活躍していたトップアイドル、紅白歌合戦でトリを務めた大物歌手など空港取材の全盛期だったそうです。

番組で取材映像を調査した結果、芸能人がハワイで過ごすようになった大元となった方は石原裕次郎さんではないかとのことでした。

早くからハワイでお正月を過ごしていた石原軍団は、ゴールデンタイムの特番としても放送されていたそうです。

石原裕次さんの別荘で過ごす石原軍団のお正月は、シャンパンで乾杯し、舘ひろしさんや渡哲也さんがかっこよく乗りこなす乗馬、太陽の日差しを浴びながら裸でゴルフ、おせち料理ではなく豪快に肉の塊を焼いたバーベキュー、ヨットでのクルージング。

そんな石原軍団のお正月がハワイで過ごす芸能人のステータスとなり芸能人=ハワイが定着していったのではないかとのことでした。

グラビアアイドルが正月にハワイに行く理由はなぜ?

2000年代のハワイでは、グラビアアイドルも多くハワイを訪れていたそうです。

その理由としては、1月2日に行われていた撮影会(売るためのキャンペーン)宣伝のためにお正月ハワイへあえて行き、戦略的に顔と名前を売っていたのだそうです。

熊田曜子さん曰くはハワイに連れて行ってもらえるグラビアアイドルはその年事務所が推すイメージだったとのことで、ハワイ行きが決まると「よし!」と気合が入ったと話していました。

ハワイに行くことで自然と報道陣が写真を撮ってくれるため、良い宣伝効果になったとのこと。

ビーチに行ってもカメラマンがいたため、事務所が宣伝していたタイムスケジュールなどを伝えていたようです。

スポンサーリンク

芸能人が正月にハワイへ行く理由はなぜ?1周回って知らない話のまとめ

こちらでは、1周回って知らない話で紹介された芸能人が正月にハワイへ行く理由はなぜなのかについてまとめてきました。

芸能人のハワイ映像は、プライベートが垣間見られる貴重映像ですよね♪

!30年分秘蔵映像