2019年2月23日放送の世界一受けたい授業では、つらい花粉症に10秒で鼻づまりを改善する花粉症筋膜ヨガのやり方を紹介してくれました。

スポンサーリンク



10秒で鼻づまりを改善・花粉症筋膜ヨガのやり方

①両腕を前方に伸ばし胸の前でクロスさせます。

この時肘までしっかりクロスさせることが大切です。

肘が開かないようにします。

両手の甲もつけられる人はつけましょう。

②この状態で両脇を締めながら腕を脇にねじり、さらには気を締め上げます。

③上にある手の親指を顎の下に入れ、体をぐっと反らし10秒キープします。

親指から肩甲骨につながる筋膜を伸ばすことで交換神経が刺激され鼻の中の血管が細くなるのだそうです。

すると粘膜の腫れが引いてくるため、鼻の通りが良くなるとのこと。

※個人差はありますが、刺激する時間の大体5倍から20倍くらいまで持つそうです。

スポンサーリンク

世界一受けたい授業・花粉症筋膜ヨガのやり方!10秒で鼻づまりを改善

こちらでは、世界一受けたい授業教えてくれた、10秒で鼻づまりを改善する花粉症筋膜ヨガのやり方についてまとめてきました。

鼻づまりで苦しい時に是非試してみたいですね!