2018年11月26日放送のこんな私は何を食べればいいですか?では、肩こりにオススメの食材が紹介されました!

一番いいのは肩こりが起こらないことですが、なかなか難しいですよね…

こちらでは、こんな私は何を食べればいいですか?で教えてくれた肩こりにオススメのアーモンドハチミツの作り方レシピについてまとめていきます。

スポンサーリンク



肩こり!こんな私は何を食べればいいですか?

今回のこんな私は何を食べればいいですか?では、肩こりの人は普段の食事にある食材を足すだけで改善がみられるというのです。

教えてくれたのは北海道日本ハムファイターズのホームドクター中川先生。

まず肩こりになる原因から見ていきましょう。

肩こりになる原因は?

肩こりになる原因は、両肩にある僧帽筋にかかる負担が増えてしまっている状態。

僧帽筋とは人間の背中側にあり約5 kg ある人間の頭を常に支えている筋肉。

本来背筋が曲がっていなければ僧帽筋にかかる負担は頭の重さのおよそ5 キロ。

しかし背筋が15℃の傾くと、その負荷は約12 kg、 背筋が30°傾くとその負荷は18 kg 。

傾けば傾くほど僧帽筋にかかる負荷が増えていくそうです。

僧帽筋に負荷がかかると、僧帽筋の中にある毛細血管が圧迫され、血流が悪化してしまい、筋肉がこわばり固くなってしまうとのこと。

肩こりになるそうです。

血流を良くすれば肩こりも改善に向かうとのこと。

肩こりのチェック方法

肩こりがどのくらい酷いのかをチェックする方法も紹介されました。

①両手の拳と肘をくっつけ上にあげます。

②横から見て肘が顎のラインよりも高く上がらなければ重症。

スポンサーリンク

肩こりにおすすめの食材・アーモンド

肩こりにおすすめの食材はアーモンドだそうです。

アーモンドに含まれるビタミン E が、てなくなった毛細血管にビタミン E が来ることによって拡張し血流が良くなって酸素や栄養素がどんどん筋肉に行くそうです。

その結果、つらかった肩こりが改善するとのこと。

ビタミン E を多く含む食材の中でも(アーモンド・ヘーゼルナッツ・あん肝・筋子・ピーナッツ)一番多いのかアーモンドだそうです。

アーモンドと一緒に摂取すると良いという食品は、アーモンドのハチミツ漬け。

ハチミツに含まれるプロポリスには、アーモンド同様に血行を促進する作用があるそうです。

アーモンドとハチミツを一緒に食べることで、ダブルパワーで肩こりが改善するとのこと。

アーモンドのハチミツ漬けの作り方レシピ

肩こりに効くアーモンドのハチミツ漬けの作り方レシピの紹介されました。

①瓶などにアーモンド(70粒)と蜂蜜(140グラム)を入れます。

②直射日光を避けて、1日漬けたら完成。

漬ける期間が長ければ長いほど、蜂蜜が染み込んで効果が倍増し、味も美味しくなるとのこと。

>>国産純粋はちみつ

>>素焼きアーモンド

アーモンドのハチミツ漬けはどのくらい食べるのがいい?

1日に摂取するアーモンドの蜂蜜漬けは、約10粒程度だそうです。

毎日2週間続けることがポイントだそうです!

スポンサーリンク

肩こりにアーモンドのハチミツ漬けの作り方!こんな私は何を食べればいいですかのまとめ

こちらでは、こんな私は何を食べればいいですかで教えてくれた、肩こりの原因やチェック方法、肩こりにアーモンドのハチミツ漬けの作り方についてまとめてきました。

※こちらの記事も人気です!

>>食べても太りにくいスイーツランキング&どうしてもスイーツを食べたいときのきな粉で交換条件!

>>高血糖にオクラ茶の作り方レシピ!こんな私は何を食べればいいですか?

>>老眼に紅鮭のゴマ油焼きの作り方レシピ!こんな私は何を食べればいいですか?

>>肩こりにアーモンドのハチミツ漬けの作り方!こんな私は何を食べればいいですか?

>>高血圧にサトイモポテトサラダの作り方レシピ!こんな私は何を食べればいいですか?

>>ピロール米のお取り寄せ通販(価格)はこちら!長嶋一茂のピロール米とは?