6月26日に放送された「ザ!世界仰天ニュース」に女優の真木よう子さんがゲスト出演されました!

「許せないウソ」をテーマにトークが繰り広げられていましたが、後輩女優のうそに激怒したというエピソードを披露していましたよ。

今回は、真木よう子さんを激怒させた後輩女優が一体誰なのか気になったので調べてみたいと思います。

スポンサーリンク



世界仰天ニュース 真木よう子が激怒した後輩女優は誰!?

世界仰天ニュースで語られた、真木よう子さんが激怒した後輩女優は誰なのでしょうか?

後輩女優というだけで名前が伏せられてしまうと、気になって仕方がないんですよね~!

真木よう子さんのエピソードは、共演した後輩女優さんをのみに誘った時の出来事だったそうです。

仲良くなった後輩の女優さんが「今度のみに誘ってくださいよ」どういうものだから、都合がつくときにのみに誘うと理由をつけては何度も断られたそう。

頻繁に誘っているのに、毎回断られるので…「そんなに仕事おさないでしょう??主演じゃないのに。休みだったあるはずなのに」を憤慨してた様子を見せた真木よう子さん。

確かに何度も何度も断られたら、「おやおや?」と思ってしまいますよね。

後輩女優さんに対して主演じゃないのに!というあたりがバチバチしている様子がうかがえます^^;

相手の後輩女優さんの言い分が分からないので、何とも言えないところではありますが…

真木よう子さんが激怒した過去「オマエ、主演じゃないでしょ?」

後輩女優が誰なのか気になりますよね〜!!

スポンサーリンク


真木よう子が激怒させた後輩女優は誰?

ということで、こちらでは後輩女優がだれなのか調査してみたいと思います!

誘いを断る理由が「仕事が忙しい」という事のようですが、真木よう子さんから見ればその後輩女優の役柄では、そこまで忙しいスケジュールには思えないとのことで納得がいかない様子。

同じ仕事をしている上で、嘘なんじゃないかと疑ってしまう要素があったようです。

普段の生活の中でも、おつき合いでこういった言葉を交わすことってありますよね…

後輩女優さんとしては、本心で言ったのか?社交辞令として言ったのか?どちらかわからないですが、真木よう子さんとしては一緒にご飯を食べようとしたのに…と残念な気持ちになったという事でしょう。

みんながどのような使い方をしているかはわからないですが、飲みに行きましょう。お茶でも。ご飯だべに行ましょう。あたりは軽い気持ちで使ってしまうことがある方も多いのではないかと思いますけどね^^;

むやみやたらに色々な人に言わないほうがいいということなのでしょう。

さてこの後輩女優が誰なのか気になるところかと思いますので、真木よう子さんの出演作品などをもとに調査していきたいと思います。

スポンサーリンク


真木よう子と後輩女優の共演作品は?

真木よう子さんと後輩女優の共演作品はどれになるのでしょうか。

主演じゃないでしょう?というあたりをヒントに考えると、真木よう子さんは主演だった作品なのではと推測。

まず、真木よう子さんが主演されている作品はこちら。

真木よう子 主演映画

・ベロニカは死ぬことにした
・さよなら渓谷
・脳内ポイズンベリー

真木よう子 主演ドラマ

・ほんとにあった怖い話
・ロス:タイム:ライフ
・週刊真木よう子
・カレ、夫、男友達
・問題のあるレストラン
・かもしれない女優たち
・セシルのもくろみ

上記の作品に出てくる共演する後輩女優を見てみると、

・岡本玲
・鈴木杏
・夏帆
・臼田あさ美
・二階堂ふみ
・芦名星
・高畑充希
・松岡茉優

このような女優さんの名前があげられます。

しかし芸能界は、年齢だけで後輩なわけではなさそうなので、何をもって後輩になるのか?わからないところでもありますよね。

こちらで登場した後輩女優さんは名の知れた有名な方ばかりですが、もちろん名前を聞いてもピンとこない売れる前の女優もたくさんいるでしょうし、事務所の後輩という事も考えられますよね。

この中に真木よう子さんが激怒した後輩女優はいるのか?はたまた全く別の誰かなのかもしれませんね!

真木よう子の誘いを断った後輩女優 まとめ

今回は「ザ!世界仰天ニュース」に出演した真木よう子が披露したエピソードの、激怒した後輩女優は誰なのかについてまとめてきました。

最近はテレビなどでも上司に誘われても飲みにいかない若者が増えているという事なので、芸能界も例外なく飲みを断る後輩もいるという事なのでしょう!

飲みに行きましょうといわれた側にしては、気分も良いし、よし飲みに連れて行ってやろう!と思うところかもしれませんが、世の中複雑になってきていますね^^;

まあ、わざわざ自分の時間を削って苦手な相手と出かけるのはちょっと…という人も多いでしょうから、気に留めずサラっと流してしまうのが一番いいってことではないでしょうか!