「子供が生まれてからの、旦那との家事分担」

これは、子持ち夫婦にとっての永遠のテーマかもしれません。

このテーマにについて、私もママ友とどれだけ盛りあがってきたことか・・(苦笑)

そして、子供が小学生や中学生になっても、ママ友とはこの手の話が尽きることがありません。

経験から言えるのは「最初が肝心!」ということです。

産後、いかに旦那と家事を分担していくか、ほとんどのご家庭では、ママのやり方にかかっています。

「高収入旦那」よりも、「イケメン旦那」よりもポイントが高い「家事の分担を当たり前にこなす旦那」

ここでは、産後、旦那との家事分担についてのヒントをまとめます。

スポンサーリンク



出産後、旦那さんの家事協力はある?家事分担が必要な理由は?


出産後、あなたの旦那さんは家事・育児に協力的ですか?

それとも・・???

出産直後から旦那さんとの家事分担が必要な理由・・それは

・家族円満のため
・気持ちよく子育てするため

イクメンが増えている・・と言っても、まだまだ、ほとんどの旦那さんは

・「家事・育児は女の仕事」
・「赤ちゃんとのんびり家にいられていいよな」
・「俺は仕事で疲れて帰るんだから、家ではくつろぐ

と、潜在的に考えています。

頭にしみついた意識を変えるのはなかなか難しいものです。

特に、「専業主婦に育てられた長男」などはやっかいですよ。

ママがあたふたしていても、ソファで新聞を読んだりテレビを見たり、スマホでゲームをしていたり・・

そういうことはどこの家庭でもザラに起こります。

家事や育児に協力しようとしない旦那にイライラして、怒り爆発してしまう前に、産後は早い段階から家事を分担して、ママの心と体をできるだけ健康に保ちましょう!

スポンサーリンク


産後の家事と育児を一人でこなすのは大変です!


産後の家事と育児をママ一人でこなすのって本当に大変です。

赤ちゃんとの生活にどれだけ神経を使っているのか、以下に並べてみました。

・授乳 そのあと寝かしつけ(昼も夜も)
・寝不足でも、とりあえず朝は起きて旦那の朝ごはん
・オムツ替え
・赤ちゃんの着るもの調節
・合間の家事(掃除 洗濯 食事作り)
・とにかく赤ちゃんから離れられない
・トイレに行くのも一苦労
・病院に連れていくか迷う(不安)
・実際、病院に連れていく(一人で連れていくのは不安)
・沐浴

などなど、ママの1日はあっという間に過ぎてきますね。

休まることなどありません。

体調が元に戻らない状態でこれだけのことをこなすのですから、産後のママは「大変な自分」をまずはしっかり自覚してみてください。

そして、旦那にも家事をしっかり分担してもらいましょう。

家事・育児が「思うようにいかない」と感じるのは、決してママの要領が悪いからではありませんよ。

スポンサーリンク


産後の家事は旦那さんも分担してこそ、うまく回る!具体的対策法!


では、うまく家事を分担していくにはどうすればいいのでしょう。

どうすれば、家事と育児がうまく回っていくのでしょう。

家事分担をスムーズにするには、具体的に伝えること!

これがとても有効です

「赤ちゃんを置いて外に出るのは不安だから、ゴミを集めて出すのをお願いできる?」
「食器の片づけをするから、その間に自分のだけでいいから洗濯物をたたんでしまってもらえるかな?」
「夕飯の片づけをするから、その間にお風呂掃除してお湯ためてもらえる?」
「私がお風呂に入ってる間だけ、泣いたらオムツ確認したり、あやしたりしててもらえる?」

○○だから○○をお願いできる?私が〇〇している間、○○しといてもらえると助かる

というふうに、そうしてほしい理由や、してもらいたい事をなるべく具体的に伝えると、旦那は自分がすることをイメージしやすく、取りかかってもらいやすいです。

どこまでやってくれるかは、旦那の育った環境や性格に左右されますが、ママは常に「ひとりでやってしまわないで、なるべく分担してもらう」ことを意識しておくとよさそうです。

産後の家事分担で今後が決まる まとめ 

実は、自分と周囲のママの経験から考えて、旦那との家事の分担は、決して簡単なことではありません。

前出のとおり、「家事・育児は女の仕事」と思われているからです。

いちばん極端な例だと、「どっちが皿を洗うかで離婚寸前までいった」という夫婦もいました。

共働きの家庭が増えて、現在は「夫婦の家事分担あたりまえ時代」への過渡期と言えるでしょう。

産後だけではなく、将来子供が幼稚園や小学校に通いだして、

「働けるようになる」「働かなくては経済的に余裕がない」

そうなった時に、それまで家事の習慣がない旦那に分担を頼んでも抵抗が大きいと思います。

産後間もないころから、「ママが働いていてもいなくても、家事の分担はあたり前」「子育て・家事は夫婦で行うもの」という考え方を、旦那に定着させたいものです。

「いかに気持ちよく、抵抗なく、あたり前に」旦那に家事を分担させるか、根気もいるし、ママの腕のみせどころとなりますが、必ず将来のあなたを助けてくれることになります。

是非、いろいろな伝え方・頼み方で旦那を家事のできる人にして下さいね。