江別花火大会は、2017年から開催となった非常に新しい花火大会で2019年が3回目となる花火大会です。

新しい花火大会ということもあり、アクセス情報や屋台情報が気になるところですよね。

ちなみに、江別花火大会の会場は駅から少し離れているため、アクセス情報はきちんと知っていないと当日苦労するかもしれません・・・

ついでに、気になる屋台情報もついでに押さえておきましょう!

まだまだ情報が少ない江別花火大会の情報をこちらでしっかりチェックしてくださいね。

スポンサーリンク



江別花火大会2019の開催日程は?

江別花火大会2019の開催日程。

2017年は7月15日(日)、2018年は8月5日(日)に開催されたので、江別花火大会は7月中旬〜8月中旬の日曜日に開催されるみたいですね。

そのため、江別花火大会2019はおそらく、2019年7月21日(日)、2019年7月28日(日)、2019年8月4日(日)のどこかで開催されるのではないかと予想しています。

気になる江別花火大会2019の見どころは?


気になる江別花火大会の見どころと言えば、「10000発の打ち上げ花火を鑑賞できる」というところです。

北海道の中でも打ち上げ花火の数はトップクラスです。

北海道外の花火師の方も参加しているみたいなので、花火大会として江別花火大会は北海道だけでなく、他の地域の人からも注目されているみたいですね♪

江別花火大会の屋台情報は?

また、気になる屋台情報ですが、江別花火大会の会場には多くの屋台が出店し、花火を鑑賞しながら、お祭り気分を存分に楽しめることができるところも江別花火大会の見どころの1つと言えます。

おでんや焼き鳥、フランクフルトなど定番の屋台料理が軒を連ねます。

屋台は21:00頃まで営業するお店が多いみたいです。

スポンサーリンク

江別花火大会のアクセス方法は?

江別花火大会の会場は、江別市角山206番地。

江別花火大会の会場は駅からあまり近くないため、もし花火大会に参加したい場合は車を使うか、当日「夕鉄バス」からシャトルバスが運行になりますので、そちらの利用をオススメします。

なお、シャトルバスの江別花火大会行きの停留所は、

夕鉄バスターミナル江別営業所発→野幌駅南口→江別花火大会会場

となりますので、あなたのアクセスしやすい停留所を探してみてくださいね。

駐車場や交通規制はあるの?

先ほど、江別花火大会の会場についてお話した通り、会場には車で向かう方法があり、江別花火大会の臨時駐車場が用意されています。

しかし、江別花火大会が開放している駐車場は、駐車場込みの有料席チケットを購入しないと利用することは出来ません。

また、駐車場込みの有料席チケットが手に入らなかったあなたは近隣の有料駐車場を利用することになると思います。

交通規制についてですが、江別花火大会では交通規制はないみたいですね。

ただ、当日はやはり混雑するみたいなので、早めの移動が良いみたいです。

スポンサーリンク

江別花火大会の穴場スポットや有料席はある?


※こちらは札幌市の旭山記念公園から撮影した写真

江別のイオン

江別花火大会の穴場スポットですが、少し距離が離れている江別のイオンの屋上駐車場などが穴場スポットになります。

江別花火大会の会場周辺は、コンビニなどもあまりないので、小さなお子さんがいるとちょっとした買い物だったりトイレに少し困るかもしれません・・・

イオンだと、美味しいお惣菜も買えるし、トイレもすぐに利用できるので、小さなお子さんと江別花火を鑑賞するならオススメです♪

有料席

江別花火大会の有料席情報ですが、江別花火大会の会場内には、有料席チケットが無いと入ることができません!

そのため、有料席チケットの購入は必須です。

有料席チケットの種類は、

・一般スペース(大人):2,000円
・一般スペース(小・中学生):500円
・駐車場付きペア椅子席:10,000円

となっています。

スポンサーリンク

江別花火大会2019の穴場スポットや駐車場!アクセス方法や交通規制情報のまとめ

江別花火大会のアクセス情報や屋台情報についてまとめてきました。

江別花火大会2019は2017年から開催された、非常に新しい花火大会です。

北海道の中では札幌や小樽などと比べて、認知度は低い江別ですが、雄大な自然が魅力で観光スポットも多い魅力的な場所です。

交通規制などは無いですが、駐車場付き有料チケットを購入しないと花火会場の駐車場は利用できないことはチェックですね!

また、お子さんのいる方は穴場スポットのチェックも合わせてしてくださいね。

自然の中で見る花火の美しさは他の地域では見られないですよ♪

きっと良い思い出になるはずです!