母の日のカーネーション贈らない方がいい色・ダメな色!

季節の行事

5月の第2日曜日は母の日です。

母の日は、普段は恥ずかしくてなかなか言えない感謝の気持ちを伝えるのに最適な日なので、カーネーションを贈ってみるはいかがでしょうか。

その際に、注意したいのはカーネーションの色です。

色によって込められた意味が違うので、母の日にはダメな色、贈らないほうがいい色があるのです。

そこで今回は、母の日に贈るカーネーションのダメな色、贈らない方がいい色、色に込められた意味について紹介していきます。
[cc id=14023 title=”リンクユニット(アド)”]
[cc id=7091 title=”もくじ”]

こちらの記事も読まれています
スポンサーリンク

母の日のカーネーションで贈らない方がいい色・ダメな色はある?

カーネーションの色は赤色が主流です。

しかし、実はカーネーションには色んな色があり、お花屋さんに行けば様々なカーネーションが売られています。

せっかくの母の日だから、たくさんある色の中からお母さんが好きな色のカーネーションを贈りたい、と思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、母の日に贈るカーネーションの色はどんな色でも良いというわけではないのです。

色によって込められている意味が違うので、母の日に贈らない方がいい色・ダメな色もあります。

そのため、色に込められた意味をよく知り適切なものを贈る必要があります。

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

スポンサーリンク

カーネーションの色の意味や花言葉は?

それでは早速、カーネーションの色の意味・花言葉について、これから紹介していきます。

母の日のカーネーションにおすすめな色

赤色

「真実の愛」「母への愛」「母の愛」という意味が込められています。

赤色のカーネーションは、母の日の定番ですね。

花言葉からしても、母の日に贈る色としてぴったりです。

ピンク色

「感謝」「あたたかい心」「上品」「恋愛」という意味が込められています。

近頃は、ピンクのカーネーションも見掛ける機会が増えたように思います。

感謝を伝えるのにはぴったりな色ですね。

青色

「永遠の幸福」という意味が込められています。

青いカーネーションもきれいですよね。

こちらも母の日にはおすすめの色です。

緑色

「癒し」「純粋な愛」

緑色のカーネーションも素敵ですよね。

こちらも悪い意味はないので母の日の贈り物におすすめです。

オレンジ色

「純粋な愛」「熱烈な愛」という意味が込められています。

お母さんに贈っても悪くはありません。

しかし、花言葉からもわかるように、旦那様から奥様へのプレゼントとして贈る場合に特におすすめな色です。
[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

母の日に贈るカーネーションとして贈らない方がいい色・ダメな色

紫色

「誇り」「気品」「きまぐれ」という意味が込められています。

基本的には良い意味なのですが、「きまぐれ」という意味もあるのでなるべく贈らない方がいい色です。

濃い赤色

「私の心に哀しみ」をという意味が込められています。

感謝の気持ちを伝える母の日には贈らない方がいい色です。

赤色と間違って贈ってしまわないように注意したいところです。

白色

「尊敬」「愛は生き続ける」「純粋な愛」という意味が込められています。

一見良いように聞こえますが、白色のカーネーションは亡くなったお母さんに贈るものなので、母の日に贈ることは避けてください。

黄色

「軽蔑」「友情」「嫉妬」「移り気」という意味が込められています。

あまり良い意味ではないので、母の日に贈ることは避けてください。

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

スポンサーリンク

母の日のカーネーション贈らない方がいい色・ダメな色のまとめ

こちらでは、母の日のカーネーションで贈らない方がいい色・ダメな色についてまとめてきました。

同じカーネーションでも、色によって込められた意味は全然違うということが、勉強になりますね。

渡す色によっては、ありがとうの気持ちを伝えるのと違う意味になってしまうので、ダメな色、贈らない方がいい色を贈ってしまわないように注意していきたいところです。

ぜひ母の日には、ありがとうの気持ちを込めて、適切な色のカーネーションを贈ってみてくださいね。

こちらの記事も読まれています