10月23日放送の林修の今でしょ講座では、睡眠と健康長寿の関係について紹介されました。

こちらでは、林修の今でしょ講座で教えてくれた睡眠と認知症の関係や睡眠におすすめの麦茶の温度についてまとめます。

スポンサーリンク



林修の今でしょ講座!睡眠に良いお茶は麦茶

林修の今でしょ講座では睡眠と認知症のリスクについて紹介されました。

1日6時間以下の睡眠の人と7時間の睡眠の人を比べると、6時間以下の睡眠の場合の認知症リスクは1.36倍になるそうです。

さらに睡眠不足が続くとカルシウムが骨に吸収されにくい状態になるとのこと。

睡眠不足により骨粗鬆症が進むことで健康上から遠ざかってしまうそうです。

今回紹介された睡眠に良いお茶は麦茶。

スポンサーリンク

医学的に正しい麦茶の飲み方

良い睡眠をとるためには麦茶の飲み方が大事だそうです。

緑茶同様飲み方を間違えるとその効果は最大限に発揮できなくなってしまうとのこと。

睡眠に良い麦茶の作り方

麦茶のティーバッグを取り出す時間は、説明書に書かれている適切な時間を目安にすると良いそうです。

麦茶のティーパックを容器に入れぱなしにしていると焦げ臭い香りに変わってきてしまいます。

腹に雑菌も繁殖しやすくなるので早めに取り出すようにしましょう。

ポイント

麦茶の香り成分が脳をリラックス!

麦茶に含まれる数種類の香り成分が脳をリラックスさせ、質の良い睡眠に繋がるとのこと。

麦茶を飲むことはもちろん香りを嗅ぐだけでリラックス効果が期待できるそうです。

脳をリラックスさせるということで考えると、ほうじ茶も香りが高いですがカフェインが含まれているため、夜は香りを楽しむだけにした方が良いとのこと。

スポンサーリンク

睡眠におすすめの麦茶の温度は?

良い睡眠を促すために最適な麦茶の温度は暖かいほうが良いそうです。

温かい麦茶は香りが良くたち、体が温まることで副交感神経が優位になってきます。

麦茶にはカフェインが含まれていないため寝る前に飲んでも OK!

脳をリラックスさせる意味では、寒い時期は麦茶を温めて飲むのが理想だそうです。

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

林修の今でしょ講座!緑茶の飲み方・血管におすすめのお茶がらレシピ

林修の今でしょ講座!玄米茶の飲み方・血糖値におすすめ玄米茶レシピ

林修の今でしょ講座!麦茶の飲み方・睡眠におすすめの麦茶の温度のまとめ

こちらでは林修の今でしょ講座で紹介された医学的に正しい麦茶の飲み方や睡眠のにおすすめの麦茶の温度についてまとめてきました。