10月23日放送の林修の今でしょ講座では、健康長寿がよく飲むお茶ベスト10を紹介!

こちらでは、林修の今でしょ講座で教えてくれた栄養を無駄にしない緑茶の正しい淹れ方や、お茶の正しい飲み方についてまとめます。

スポンサーリンク


林修の今でしょ講座!健康長寿がよく飲むお茶ベスト10

林修の今でしょ講座では、健康長寿がよく飲むお茶ベスト10を紹介!

健康長寿1000人がよく飲むお茶ベスト10はこちら。

10位:ごぼう茶

9位:プーアル茶

8位:どくだみ茶

7位:玄米茶

6位:ルイボスティー

5位:紅茶

4位:ウーロン茶

3位:ほうじ茶

2位:麦茶

1位:緑茶

スポンサーリンク

医学的に正しいお茶の飲み方

お茶は飲み方を間違えると健康効果が台無しになってしまうそうです。

血管・血糖値・腸活…健康効果に期待できるのは何茶なのでしょうか?

血管におすすめのお茶

名医が選んだ結果におすすめのお茶は緑茶。

緑茶に含まれるエピガロカテキンガレート。

血管の詰まりに良い作用が期待されているそうです

緑茶に含まれる主なカテキンは4種類あるそうです。

・エピカテキン

・エピカテキンガレート

・エピガロカテキン

・エピガロカテキンガレート

エピガロカテキンガレートは血管の悪玉コレステロールを減らし健康な血管を維持する作用があるそうです。

緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートの役割がこちら。

①小腸から吸収されるコレステロールを減らす

②コレステロールを便で体外へ排出するのを促す

血管におすすめの緑茶の正しい飲み方

血管に良い成分が多く出る緑茶の入れ方がこちら。

①湯のみにお湯を注いでさましてから急須に。

②湯のみ柄急須にお湯を戻し、急須を揺らしてお湯を注ぐ。

エピガロカテキンガレートを多く出すために大事なことは、ポットのお湯を少し冷ますことだそうです。

カテキンが一番出やすい温度は70°~80°。

脳梗塞のリスクを減らす緑茶の量は?

脳梗塞のリスクを減らす緑茶の量も紹介!

緑茶を1日5杯以上飲む人は脳梗塞のリスクが低下するそうです。

男性は42%、女性は62%も脳梗塞のリスクが低下したという結果が出たとのこと。

最新の調査では静岡県の100歳以上の8割が緑茶を1日5杯以上飲んでいたそうです。

トクホの緑茶と普通の緑茶の違いは?

トクホのお茶は人を対象とした実験で効果があると確認できたお茶。

商品により異なりはあるそうですが、今回教えてくれた先生のお話では、急須で入れたお茶よりもカテキンの量はトクホのお茶の方が多いとのこと。

緑茶を飲むベストタイミングは?

血管に良い緑茶を飲むベストタイミングは食後3時間。

食事で取った脂肪やコレステロールが、小腸から吸収されるタイミングを見計らい飲むのが大事だそうです。

食事で摂ったコレステロールが小腸に到達するのがおよそ3時間、このタイミングでコレステロールは小腸から吸収されます。

食後3時間経った後に緑茶を飲むと小腸への吸収を抑えることができるそうです。

午後3時のティータイムは医学的にも理にかなっていたんですね!

スポンサーリンク


緑茶の栄養素を最大限にとれるお茶がらレシピ

緑茶に含まれる栄養素・エピガロカテキンガレートを最大限に取れる方法はお茶がらを食べる事だそうです。

お茶がらを美味しく食べるレシピは、お茶がらチャーハン・お茶がらスムージー・お茶がらの和え物。

お茶がらには約60%のカテキンが残っているそうです。

お茶がらと鰹節の和え物レシピも紹介されました。

材料は、お茶がら+鰹節+ポン酢。

そのまま食べるのはもちろんご飯のお供にもぴったりだそうです。

お茶がらの天ぷらレシピ。

お茶がらの天ぷらレシピは、玉ねぎや人参にお茶がらを入れてかき揚げにするだけ。

お茶の香りもとても良いそうです。

お茶がらを食べることに抵抗がある方は、お茶のティーパックを使うことでカテキンがより多く取れるとのこと。

緑茶と一緒に摂取することで栄養を吸収されない食べ物は?

レバーと緑茶をいっしょに摂取すると鉄分が吸収されない。

緑茶に含まれるタンニンは鉄分の吸収を抑制するそうです。

貧血気味の方は特に鉄分+緑茶の組み合わせは避けた方が良いとのこと。

スポンサーリンク

※こちらの記事も人気です!

林修の今でしょ講座!どくだみ茶で便秘解消・腸におすすめどくだみ茶

林修の今でしょ講座!麦茶の飲み方・睡眠におすすめの麦茶の温度は?

林修の今でしょ講座!玄米茶の飲み方・血糖値におすすめ玄米茶レシピ

林修の今でしょ講座!緑茶の飲み方・血管におすすめのお茶がらレシピのまとめ

こちらでは林修の今でしょ講座で紹介された緑茶の正しい飲み方や結果におすすめのお茶がらレシピについてまとめてきました。