10月23日放送の林修の今でしょ講座では、血糖値対策につながるお茶・玄米茶が紹介されました。

糖質が多い食事をとることで上昇する血糖値。

血糖値が高い状態が続くと健康長寿を脅かす病気・糖尿病などにかかるリスクが高くなります。

こちらでは、林修の今でしょ講座で教えてくれた栄養を無駄にしない緑茶の正しい淹れ方や、お茶の正しい飲み方についてまとめます。

スポンサーリンク



林修の今でしょ講座!血糖値対策におすすめの玄米茶

糖尿病は、糖分が血管の中に多くありすぎる状態。

つまり結果の中がベトベトになっている状態なため、体中のさまざまな器官がそのおかげで障害が起きてしまいます。

林修の今でしょ講座では、血糖値対策におすすめの玄米茶について紹介!

玄米茶は、精米していない玄米を使ったお茶。

玄米のぬかには、ガンマオリザノールという成分が含まれているそうです。

この玄米に含まれるガンマオリザノールには血糖値を下げる働きが期待されているそうです。

ポイント

玄米茶は、玄米と緑茶をブレンドしているお茶。

緑茶に含まれるカテキンも血糖値対策に期待ができるとのこと。

スポンサーリンク

玄米茶を飲むタイミングは?

血糖値の上昇を抑える玄米茶を飲むベストなタイミングはいつなのでしょうか。

玄米茶を飲むのは食前が良いそうです。

食事を食べた後は血糖値が上昇します。

そのため血糖値対策には、食べる前に必ず玄米茶を飲んでおくことがおすすめ。

琉球大学の研究によると、玄米のガンマオリザノールには食欲を抑える働きも期待できるそうです。

ただし作用は緩やかなダメ玄米茶の効果に対しては、まだまだ研究段階。

飲み過ぎはせず数杯に止めた方が安心とのこと。

玄米茶を使ったおすすめレシピ

血糖値対策につながる玄米茶を使った簡単レシピも紹介されました。

血糖値対策には玄米茶を使ったお茶漬けが良いそうです。

お茶漬けの素には玄米あられが入っているため、玄米茶を使ったお茶漬けも美味しいとのこと。

血糖値を上昇させる原因にもなる白米を食べるときには、玄米茶漬けにすることかおすすめだそうです。

スポンサーリンク

林修の今でしょ講座!玄米茶の飲み方・血糖値におすすめの玄米茶レシピのまとめ

こちらでは林修の今でしょ講座で紹介された医師がすすめる玄米茶の飲み方や血糖値対策におすすめの玄米茶レシピについてまとめてきました。