2019年1月29日放送の林修の今でしょ講座では、チョコレートの健康効果について紹介されました。

冬にこそ食べたいチョコレート、特に2月はバレンタインデーもあるので話題にもなりますよね。

実はチョコレートで、風邪やインフルエンザ予防にも!?

こちらでは林修の今でしょ講座で教えてくれたチョコレートの健康効果についてまとめていきます。

スポンサーリンク



林修の今でしょ講座・チョコレートの健康効果

今回の林修の今でしょ講座では、チョコレートの健康効果について特集。

チョコレートは発酵食品で、カカオの実を発酵させることで茶色いカカオ豆になるのだそう。

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールは、肝臓の働きを高め体の免疫力があがり、風邪予防などにもつながるとのこと。

医学的に正しいチョコレートの食べ方

チョコレートを選ぶ時には、パッケージに注目!

カカオ70%以上含まれているものが、高カカオチョコレート。

高カカオチョコレートを摂取した人の方が肝機能の数値が約20%も低く良い結果が出ていたとのこと。

カカオの量が多くなれば多くなるほどチョコレートは苦くなるため、自分が美味しいと思う70%以上の高カカオチョコレートを選ぶことがポイント。

カカオ70%のチョコレートを一週間毎日摂取することで、認知・記憶・気分に良い影響が出たというアメリカの研究発表もあるそうです。

ポイント

カカオポリフェノールの効果を最大限に活かすなら、1日4回や5回に分けてこまめに食べていくことが良いとのこと。

スポンサーリンク

チョコレートは1日どれくらい食べると良い?

1日に食べて良い高カカオチョコレートは、板チョコ半分の約25 G 程度。

※カカオ70%以上の高カカオチョコレートを食べるようにしましょう。

チョコレートの美肌効果

高カカオチョコレートで美肌効果が期待できる理由は、肌の酸化を防ぐカカオポリフェノールが含まれているからだそうです。

さらにチョコレートは、野菜などに含まれる食物繊維が豊富な食材。

肌トラブル改善が期待できる食べ方は、アーモンドチョコレート。

チョコレートのカカオポリフェノールと食物繊維さらにアーモンドのビタミン E でパワーアップ!

高カカオチョコレート×ヨーグルト

高カカオチョコレート×ヨーグルトの組み合わせは、チョコレートの食物繊維はヨーグルトの善玉菌のエサになり腸内環境が良くなるとのこと。

高カカオチョコレート×酒粕甘酒のレシピ

酒粕甘酒を作る時に砂糖の代わりに高カカオチョコレートを加えます。

酒粕には、腸内環境を改善し、免疫力アップが期待できる成分レジスタントプロテインが含まれているため、高カカオチョコレートとのダブルの効果を狙えるとのこと。

スポンサーリンク

※有名ショコラティエ直伝のレシピです♪

あさイチ!ショコラショ・ホットチョコレートレシピ(ジャン・ポール・エヴァン)

林修の今でしょ講座!チョコレートの健康効果やレシピのまとめ

こちらでは、林修の今でしょ講座で紹介されたチョコレートの健康効果やレシピについてまとめてきました。

チョコレートを食べる際の参考にしてくださいね♪