9月25日放送の林修の今でしょ講座では、カニかまについて特集されました。

スーパーやコンビニで手軽に買えるカニかまですが、なんと、カニカマは筋肉を作る最強食材だったというのです!

こちらでは、林修の今でしょ講座で紹介されたカニかまについてまとめていきます。

スポンサーリンク


林修の今でしょ講座!カニかま

林修の今でしょ講座では、カニかまについて特集されました。

多くの健康長寿がよく食べているというカニカマ。

カニカマの栄養や健康効果を知っている人はあまり多くないといいます。

高齢者の筋肉にとっては、カニカマは最強の栄養素になるそうです。

今回は驚くべきカニかまの栄養素を徹底解明します。

筋肉を作り血糖値の上昇を抑えるメカニズムを学んでいきます。

カニカマの作り方は?

筋肉にいいカニカマの原材料はこちら。

すけとう鱈のすり身と冷凍卵白が使われています。

調味料+卵白+魚肉がカニカマの生地になるそうです。

カニカマはタンパク質の塊だそうです。

もちろん運動した方が良いが、タンパク質を摂るだけでも筋肉は作られるとのこと。

ポイントパンダ

筋肉をつけるためには、運動後30分以内にタンパク質を摂ると良いそうです。

カニカマは、どこでもすぐに食べることができるので、取り入れやすいですね!

スポンサーリンク

カニカマは消化によくたくさん食べられる

こってりとした焼肉は、年を取るとたくさん食べられないということもありますよね。

しかしタンパク質を十分に取れないでいると、筋肉がどんどん落ちていってしまいます。

そこでおすすめなのがカニカマ。

タンパク質が豊富で消化にも良いとのこと。

ポイントパンダ

カニカマは、作る際にカニの食感に近づけるため、極限まで裏ごしされているそうです。

カニの身に近づけるため繊維状にすることが消化に影響しているとのこと。

カニカマはダイエット中にもおすすめ

カニカマの原材料になるスケトウダラは、鮮度を保つために内臓取り出し水にさらして届けられるそうです。

この水を晒すことによって脂肪がほぼゼロになるとのこと。

カニカマは、高タンパクで低カロリーな食べ物。

消化によく脂肪がほとんどないため胃もたれせずたくさんタンパク質が取れる食材だそうです。

スポンサーリンク

カニカマは筋肉を作るパワーを倍増?

カニカマにはでんぷんが入っているため筋肉を作るパワーが倍増されるそうです。

なぜデンプンが入ると筋肉を作るパワーがはどうするのでしょうか。

タンパク質は単独でも筋肉を作る作用は高まります。

デンプンは糖質のため糖質を取ると筋肉を作るときのエネルギーになります。

糖質が入ることで筋肉を作るパワーを高めるインスリンの分泌が促進されるそうです。

タンパク質と糖質を合わせた方が作られる筋肉の量は増えるとのこと。

>>カニカマを食べる前に行うことで効果アップ♪カニかまっちょ体操のやり方!

カニカマは1日どのくらい食べてもいいの?

カニカマは1日どのくらい食べてもいいのでしょうか。

基本的に糖質は一番主要なエネルギー源。

しかし取りすぎはよくないため、大きめなら一本、小さめなら5本程度が良いそうです。

カニカマについている赤い着色は?

カニカマについている赤い着色の正体は何なのでしょうか。

カニカマに使われている赤い着色料は、トマトとパプリカの赤い色素だそうです。

ポイントパンダ

カニカマは塩分が多いため取りすぎは注意が必要だそうです。

スポンサーリンク

林修の今でしょ講座!カニかまは筋肉を作る最強食材 栄養や健康効果のまとめ

こちらでは林修の今でしょ講座で紹介されたカニカマについてまとめてきました。

消化の良いカニカマは高齢者にとって最高の食材ということですね!