2019年6月4日放送の教えてもらう前と後では、常識を覆す美味しい炒飯の作り方を紹介!

チャーハンは強火でスピーディーにしなくていいんです!

こちらでは教えてもらう前と後で紹介された弱火調理で作る炒飯レシピをまとめます。

スポンサーリンク





魔法の料理教室・水島弘史シェフのレシピまとめ

教えてもらう前と後・炒飯レシピ

ある工夫をすることで弱火でも素材の旨みを引き出した美味しいチャーハンを作ることができるんです。

これまでとは正反対のチャーハンの作り方のポイントとは?

絶対に失敗しない水島シェフの低温調理。

材料

  • ご飯
  • たまご
  • 長ねぎ
  • ハム
  • レタス
  • ごま油

作り方

①炊き立てをざるに入れご飯に水をかけ、油をかけてほぐしていきます。

※ご飯はでんぷん質が糊状になってご飯にくっついているため、水でその乗りを洗い流すと良いとのこと。

こうすることでご飯同士がくっつかなくなるそうです。

②弱火のフライパンに溶いた卵を入れ、ゆっくりと炒めていきます。

③卵がスクランブルエッグくらいに固まったら、ご飯も入れて弱火で一緒に炒めていきます。

④ご飯と卵を弱火で5分炒めたら、長ネギ・ハム・レタス・塩を加えます。

⑤最後にご飯の真ん中を開け、ごま油を入れて、強火で30秒炒めたら、超パラパラチャーハンの出来上がり。

魔法の料理教室・水島弘史シェフのレシピまとめ