2019年8月20日放送の教えてもらう前と後では、たった3分でできる簡単「スマホ老眼」改善トレーニング・ガボールパッチを紹介!

こちらでは教えてもらう前と後で教えてくれたスマホ老眼のチェックや治し方・トレーニング方法ガボールパッチをまとめます。

スポンサーリンク





教えてもらう前と後でスマホ老眼を紹介

今回の教えてもらう前と後では10代から20代にも増えていると言われるスマホ老眼について紹介されました。

目の老化が進むと色の差が見分ける能力が低下してくるそうです。

スマホ老眼のチェック方法

スマホ老眼になりやすい携帯の使い方は、30 CM 以内で見る人。

また老眼のチェック方法は以下となります。

①人差し指の指紋側を顔を近づけます。

②指の指紋が切れる場所で止めます。

30 CM 以内であれば健康。30 cm 以上ある場合は老眼の可能性が大きいとのこと。

スマホ老眼の治し方・ガボールパッチ

>>見るだけで目がよくなるガボールパッチ [ 林田 康隆 ]

ガボールパッチとは、ぼやけた縞模様の中から同じ図形を探し出す老眼改善法。

実際にスマホ老眼の25歳女性が、ガボールパッチを1日3分を一週間を実践したところ、0.6だった視力が0.8に上がったそうです。

このトレーニングを行うことで、女ではなく脳の処理能力が鍛えられぼやけた文字が見やすくなるとのこと。

ガボールパッチの本がない場合はレシートでも代用が可能!

ガボールパッチの本がない人はレシートでも代用が可能!

①レシートを裏返して光に透かします

② 文字がギリギリ読める位置で読みます

レシートでも本に近い効果が得られるとのこと。

スポンサーリンク