幼稚園や小学校では「1年間お世話になった担任の先生への感謝を書いてください」と、メッセージカードを渡されることがあります。

もちろん感謝の気持ちは、十分にあるんですけれどね、いざメッセージカードを目の前にすると何も言葉が浮かんでこないし、何を書いていいか分からないんですよね!

そこで今回は、親から担任の先生へ!感謝の言葉を伝えるためのコツを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク



1年間お世話になった先生へお礼のアルバム贈ろう

今年度で退職される、移動になるそんな担任の先生や、卒園や卒業でお別れになる先生には、1年間の感謝を込めて手作りのアルバムを贈りましょう。

役員さんなどが、進めてくれている場合が多いですね。

手作りでできるアルバムの形態には、以下のようなものがありますよ。

スプラップブック

専用のノートなどに写真を切り貼りして作るアルバムです

ブックスタイル

画用紙などを本のように綴じたもの

クリアファイル

画用紙などに写真を切り貼りして作ったものをクリアファイルに納めます

フォトアルバム

市販のフォトアルバムに子供たちや先生の思い出写真を入れて作ります

マスキングテープやシールなどでデコレーションすれば、キュートでオリジナリティあふれるアルバムを手作りすることができます。

材料は、100均でもそろうので金銭的にも負担になりませんよ。

スポンサーリンク

保護者・親から担任の先生に感謝の言葉を伝えるコツ

メッセージカードの何が難しいって、書くスペースが少ないことだと思います。

感謝の気持ちを、このスペースにどう納めればいいのかそれが、悩みの種です。

そこで、短い文章でも担任の先生に感謝の言葉が伝わるコツとして、下の3つの流れを取り入れてみましょう。

感謝のメッセージ3ステップ!

①先生へ感謝の言葉

②先生のおかげで、子供たちが成長したところや、子供と先生との思い出深いエピソード

③最後にもう一度、感謝とお礼(子供の今後の話を交えながら)

この3ステップは、手紙などの長文にも対応できますのでぜひ覚えておいてくださいね!

スポンサーリンク

担任の先生へのメッセージカードの例文を5つ紹介!


では、上の章で紹介した感謝の3ステップをもとにした、5つの例文を紹介しましょう!

例文1

○○(先生の名前)先生1年間ありがとうございました!

○○先生のおかげで、引っ込み思案な△△(子供の名前)も、この1年で自信をつけイキイキと学校に通っております。

先生との出会いは△△にとって、かけがえのない物だったと思います。
本当にお世話になりました。

例文2

○○先生

1年間大変お世話になりました。

少しやんちゃな△△に、○○先生が厳しくも思いやり深く接してくださったおかげで、この1年で△△は、ずいぶんと落ち着いた物の見方ができるようになったように思えます。

来年以降も、きっと先生のこの1年間のご指導が△△の成長を後押ししてくださると思います。
本当にありがとうございました。

例文3

○○先生へ

1年間ありがとうございました。

いつも温かく見守ってくださった○○先生のおかげで、△△も安心して園(学校)に通えたのだと思います。

きっと、△△は○○先生のおかげで優しい子に育ってくれると思います。

かけがえのない1年をありがとうございました。

例文4

○○先生1年間、大変お世話になりました。

△△が、友達とケンカをしてしまい相手を泣かせてしまった時、頭ごなしに叱らずに丁寧に理由を聞いてくださったこと、とても嬉しかったと△△が話しておりました。

先生の人の心に寄り添う姿勢が、△△のこれからの人生にきっと光をともしてくれるのだと思います。

先生と出会えたこと、本当に感謝しております。
ありがとうございました。

例文5

○○先生

1年間ありがとうございました。

△△も、年齢が上がるにつれて、勉強や対人関係などでの悩みが増えてきたようでした。
おおらかな○○先生は安心して悩みを打ち上げられる存在のようで、いつもかけてくださる温かい助言に、励まされているのだと△△に教えてもらいました。

これからも、たくさん悩むことがあると思いますが○○先生の言葉を思い出し、頑張っていってくれると思います。

改めましてこの1年、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク


担任の先生へのメッセージカードの例文!親から先生に感謝の言葉を伝えるコツのまとめ

こちらでは、お世話になった担任の先生へ親から感謝の言葉を伝えるメッセージカードの例文についてまとめてきました。

文章が下手でも構いません。

素直な感謝の気持ちこそが、相手の心に響く言葉です。

なかなか、先生とのエピソードや感謝していることが出てこない場合は子供さんに尋ねてもいいでしょう。

あとは、感謝の3ステップに当てはめて書くだけですよ!