毎年の年賀状で、いつも手が止まってしまうのが添え書き。

頻繁に交流のある友達ならすぐ書けますが、

年賀状だけのやり取りの友人やしばらく会っていない知り合いへの

一言メッセージは、なかなか良いフレーズが思い浮かばなくて・・・

何を空いたらいいのか悩んでしまいます。

今回は、友人や知り合いへの年賀状に使える一言メッセージ・添え書きの例文をまとめてみました。

スポンサーリンク

友人への年賀状に使える例文まとめ

相手を選ばずに誰にでも使える一言メッセージ

「お変わりありませんか?」

「昨年中はお世話になりました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。」

「お互い良い一年になりますように」

「〇〇さんのご健康とご多幸をお祈りいたします」

「笑顔いっぱいの一年になりますように」

「〇〇さんにとって、素敵な一年になりますように」

「楽しいお正月をお過ごしください」

「旧年中はお世話になり、ありがとうございました。」

「新居に引っ越しました。ぜひ遊びにきてね。」

「本年も親子共々よろしくお願いします」

「今年も希望に満ちた年にするために、明るくいいスタートを切りたいですね」

「今年もよろしく!またごはん食べに行きましょう」



しばらく会っていない友人への一言メッセージ

「お互い色々と忙しいけど頑張ろうね」

「元気にしてるかな?また久しぶりに会いたいね」

「すっかりご無沙汰していますが、お元気ですか」

「お仕事は順調ですか?久しぶりにゆっくり会いたいですね」

「ご無沙汰しています。今年こそ再会できますように」

「また久しぶりにみんなでゆっくり集まりたいね」

「近くに来たときは連絡してね」

「またあの頃みたいに遊びたいね」

「元気かな?久しぶりに会いたいね」

「年賀状の写真が毎年の楽しみです」

「同窓会で会えるのを楽しみにしています。」

「○○くんは(お子さん)大きくなりましたか」

「私は最近〇〇な毎日です。〇〇はどうしてるかな?」

「元気にしてますか?私はヨガを始めてみました!」

「いつも年賀状ありがとう。近況報告が年明けの楽しみ」

相手の幸せを想う一言メッセージ

「幸多き一年になりますように!いつも想っています。」

「お互いにとって今年も良い年になりますように」

「仕事にプライベートに、充実した一年になりますように」

「〇〇にとって幸せ溢れるの一年になることを願っています」



親しい友人への一言メッセージ

「今年もたくさん遊ぼうね」

「またみんなでいつもの○○パーティーしようね!」

「いつも支えてくれてありがとう。○○がいてくれてよかった」

「いつもありがとう!今年もよろしくね」

「またカフェ巡りしよう!」

「またごはん食べに行こうね!」

「新年会すぐに企画しようね」

「去年の旅行は楽しかったね!今年の予定も決めていこう」

感謝の気持ちを伝えるメッセージ

「いつも仕事の愚痴を聞いてくれてありがとう!」

「いつも味方になってくれてありがとう。」

「いつも応援してくれてありがとう。」

「いつも元気を分けてもらっているよ」

「あの時〇〇がいてくれたから頑張れたよ」

「いつも支えてくれてありがとう」

近況をお知らせするメッセージ

「新居に引っ越しました。近くに来たときは寄ってね」

「お料理教室に通っています。今度食べに来てね」

「最近元気にしてる?私はスイミングにハマっています!」

「〇〇は続けてる?私はボルダリングを始めたよ!」

「去年も〇〇旅行に行ってきたよ!みんなでまた行きたいな」

「大掃除は出来ずじまい・・・今年こそ断捨離だ」

「去年から勉強を始めた〇〇トレーナー目指して頑張っています」

「子どもたちも手が離れてきたので、再就職する予定!」

「新しい仕事始めたよ。早く慣れていきたいと思っているよ」

「〇〇も3歳になりました。来年からは幼稚園に行くよ」

※近況報告では、既婚の友人には子供や家族の話題・独身の友人には自分自身の話題と分けて書くと良いでしょう。

まとめ

年賀状に使えそうな添え書きの例文はありましたでしょうか?

毎年恒例の年賀状は、やはり友人に送ることが多いのではないかなと思います。

最近は写真付きの年賀状が多いですが

一言メッセージがあるのとないのでは

嬉しさも違いますよね。

印象に残るエピソードなどの添え書きがあると思わず笑みが溢れるかも。

友人への年賀状に、ユーモラスな一言メッセージを!