年賀状の準備で意外と悩むのが一言メッセージや添え書きではないでしょうか?

印刷を頼んだ年賀状に定型文が入っていたとしても、それぞれの方に向けての一言メッセージがあるのとないのでは印象も異なります。

親しい友人などはスラスラ書けても、 結婚式に来てくれた親戚には手が止まってしまうって事ありませんか。

今回は親戚への結婚の報告や結婚式に来てくれた親戚への年賀状を出す際に添える一言メッセージをまとめてみました。

スポンサーリンク

年賀状の一言メッセージ 親戚への結婚報告

以前は盛大に行うことが多かった結婚式ですが、近頃では少ない親族だけで海外ウエディングという方も多いですよね。

年賀状で親戚の方に結婚報告やお礼を兼ねたご挨拶をする場合。

結婚報告・添え書きの例文

・明けましておめでとうございます。
昨年○月○日 私たちは結婚いたしました。
まだまだ未熟ではございますが、2人で力を合わせて明るい家庭を築いてまいります。
本年も何卒よろしくお願いいたします。

・ 私達は昨年○○月に結婚式を挙げました。
ふたり揃って始めてのお正月を迎えております。
未熟な二人でがございますが これからもどうぞよろしくお願いいたします。



年賀状の一言メッセージ 親戚への結婚式参列のお礼

結婚式参列のお礼・添え書きの例文

・新年のお喜びを申し上げます。
昨年はお忙しい中、私どもの結婚式にご出席いただきありがとうございました。
また多大なるご配慮をいただき感謝 御礼申しあげます。
おかげさまで新年を新しい家族とともに迎えることが出来ました。
今後ともご指導のほど 宜しくお願いいたします。

・謹賀新年
昨年は 私達の結婚式にご家族皆さまでご出席いただきありがとうございました。
皆様の温かい祝福を忘れずに、これからは2人で力を合わせ、幸せな家庭を築いていきたいと思います。
どうか末永いお付き合いをよろしく申し上げます。



年賀状で親戚への添え書きの一言は必要?

年賀状の添え書きは何を書いたらいいか悩んでしまい、結局定型文だけという方もいるかもしれません。

しかし結婚の報告などに限らず、直筆の一言メッセージが入っていると嬉しいものです。

自分で受け取った年賀状を思い出してみても、一言添え書きがある方が何度も見返していませんか。

親戚の方の中には、結婚式出席のために遠方から足を運んだ方もいるかもしれません。

親戚の方への結婚式のお礼を兼ねた年賀状には一言入れておくと今後の付き合いも良いものになるのではないでしょうか。

まとめ

結婚すると親戚付き合いも 独身の時より増えることがありますね。

お互いの親戚を覚えるだけでも大変ですが、なにごと初めが肝心。

結婚式に参列してくれた親戚の方でも、普段はあまり関わる機会がない方もいるかもしれません。

きちんとお礼を伝えるためにも、添え書きなどを入れて感謝の気持ちを込めた年賀状を送るようにしましょう。