札幌市に住む男性が北海道地震の被害に9億円寄付というニュースに驚愕しました!

お名前は小竹正剛さんという方で86歳になられるそうです。

9億円を寄付できてしまう札幌市の小竹正剛さんは、どんな職業・会社をされていたのか気になったのでまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


札幌市の小竹正剛さんが北海道地震の被害に9億円寄付!

 9月6日の地震で被災した自治体の復興に役立ててもらおうと、札幌市豊平区の男性が6日、札幌市や北海道厚真町、安平町など6市町に総額9億円を寄付した。

 男性は以前不動産業などに携わっていた札幌市在住の小竹正剛さん(86)。札幌市に5億円を、残る4億円は建物などの被害の状況に合わせて北広島市、厚真町、安平町、日高町、むかわ町に配分し、被災者支援に充てられるという。

 札幌市中央区の市民交流プラザで感謝状の贈呈式があり、小竹さんは「お金は使って初めて価値が出る。被災した方が一日も早く元の生活に戻れるように使っていただきたい」と話した。市によると、小竹さんはこれまでも市に計12億円を寄付しており奨学基金などに使われている。

札幌市でも甚大な被害が出た地域もあるということですが、このような支援はありがたいお話ですね。

「お金は使って初めて価値が出る。」という小竹正剛さんかっこいいです。

「被災した方が一日も早く元の生活に戻れるように使ってほしい」とは願っていても、大金の寄付を実行できる人がどれだけいることか。

こんな財産は、まずもっていませんよね…

札幌市の小竹正剛さんの過去の寄付は?

小竹正剛さんの寄付は、今回だけではありません。

  • 2018年2月:札幌市内に防犯カメラを設置する費用として1億円を寄付
  • 2016年7月:札幌市図書・情報館の整備に3億円を寄付
  • 2008年5月:札幌市に「若い人の奨学金に」と4億8千万円を寄付
  • 2001年10月:デイサービスセンター開設のため 土地や建物を提供

いくら財産を持っているとは言え、なかなか出来ることでは無いですよね。

小竹正剛さんとても素敵な方ですね。

スポンサーリンク

札幌市の小竹正剛さんが9億円寄付にネットの反応は?

やはり地元では有名な方のようですね。

そのほかにも数人いるなんて…すごすぎです^^;

小竹正剛さんの仕事・職業や会社は?

こんなにもの高額の寄付をできる小竹正剛さんはどんな仕事をされていた方なのでしょうか。

会社や職業が気になってしまいますよね。

小竹正剛さんは、現在86歳。

仕事・職業や会社については公表されていませんが、調べてみると、1962年に燃料販売店を開業されたようです。

1988年のバブル期には、貸しビル業も営んでいたとのこと。

2001年には、高齢者通所施設デイサービスセンターのために土地と建物を提供。

70代で仕事は引退されているようです。

スポンサーリンク

小竹正剛(札幌市)の仕事・職業や会社は?北海道地震の被害に9億円寄付のまとめ

北海道地震の被害に9億円寄付したという札幌市在住の小竹正剛さんについてまとめてきました。

仕事・職業や会社について詳しいことはわかりませんでしたが、本当の億万長者はやることがさすがですよね。

今年は特に全国的にも、自然災害が続いており心を痛めている方もたくさんいると思います。

小竹正剛さんを見習って、できることから少しずつ社会へ貢献できるようになりたいです。