子どもの歯の健康のためにやっているのに、泣いて拒否されると本当につらいですよね?

心が折れてしまいそうになります。

そこで、今回は、子供が歯磨きで泣く理由や対処法、そして、歯磨きタイムを楽しくするアイテムを紹介したいと思います!

スポンサーリンク





子供が歯磨きで泣く理由は?

子供が歯磨きで泣くのには、いくつかの理由があります。

順番にその理由を見ていきましょう。

単純に痛い

子供の口の中は、とても繊細です。

おとなが歯を磨く時と同じ力で磨くと、とても痛いんですよ。

じっとしているのが嫌(退屈)

歯磨き中にじっとしているのが耐えられない子もいます。

ママからしたら、ほんの数分でも子供にとってはとても長く感じています。

ママが怒るから

忙しい中、ただ歯を磨くだけなのに泣いて抵抗されたら思わずイライラしてしまうこともありますよね。

最初は別の理由で泣いていても、怒られたことがトラウマになって嫌がるケースもありますよ。

機嫌が悪い

眠いときなど機嫌が悪いとき、子供にとっては歯磨きどころではないのかもしれませんね。

押さえつけられるのが嫌

どうしても仕上げ磨きをしたいママは、嫌がる子供を思わず羽交い絞めにして磨いてしまうこともありますね。

もしかしたら、これがさらに歯磨きを嫌がる原因になっているかも。

赤ちゃんが歯磨きを嫌って泣くときの対策法

まず、歯ブラシは、毛先が柔らかい物を選びなでるように優しくブラッシングすることを心がけましょう。

そして、何より、歯磨きを楽しい気分でできるようにしてあげることが大切です。

しっかりとしたブラッシングは、1日に1回で十分です。

それ以外は、遊びの延長とママと赤ちゃんのスキンシップの時間と捉えて楽しく、ブラッシングしてみましょう。

歯磨き遊びの時に使うおすすめの歯ブラシは、シリコン歯ブラシです。

これは、赤ちゃんが、口の中に入れてなめたり噛んだりするために作られた歯ブラシです。

そして、ママは笑顔で歌を歌いながら磨いてあげるのがいいですよ。

最後は、たくさん褒めてあげてくださいね。

スポンサーリンク




1歳児・2歳児が歯磨きを嫌って泣くときの対策法

優しくブラッシングすることと、楽しくブラッシングすることは赤ちゃんの時代と同じです。

大好きなぬいぐるみで誘導するのもいいですし、子供が好きなキャラクターの書いた歯ブラシを使うのも効果的です。

また、1歳2歳になると「ぐちゅぐちゅぺっ」ができるようになりますので、甘い味の歯磨き粉を使うのもいいですね。

そして、やっぱりママは笑顔です。

最後は「歯磨きできたね~」と、いっぱい褒めてあげましょう。

毎日の歯磨きを楽しい時間に!お助けアイテム

楽しく歯磨きをするのに有効なのは、やっぱり歯磨きの歌ですね。

おかあさんといっしょでもおなじみの「はみがきじょうずかな」

鉄板ですね。

ママが楽しそうに歌うのがポイントです。

東京ハイジのはみがきのうた

可愛い曲で、子供も楽しくなってきますよ。

東京ハイジのムシバイキンたいそう

はみがきのうたのその後の曲で、あの後虫歯のバイキンがどうなったのかが描かれています。

楽しい曲で、思わず子供も笑顔になりますよ。

しまじろうのはみがき戦隊ミガクンジャー

みんな大好きしまじろうと、悪い虫歯を退治しましょう!

いくつかはみがきの歌を紹介しましたが、お子様が気に入ったのはどれですか?

歯磨きの時に歌ったり聞かせたりする曲をいつも同じ曲にすると、「この曲が流れたら歯磨きの時間だ!」と子供が認識するようになりますよ。

アプリ

次は、楽しい歯磨きタイムを作ってくれるお助けアプリを紹介しましょう。

ぴーす君とはみがき

歯医者さんが監修している歯磨きアプリです。

音楽にのせて、ぴーす君と一緒に歯磨きをします。

歯磨きができたらスタンプがもらえますよ。

BebyBusのハミガキ大好き

出てくる動物に歯磨きをしてあげることで、正しい派の磨き方を覚え、歯磨きに親しみます。

歯磨きの歌もありますよ。

しまじろうとはみがき

ベネッセ公式サイト「しまじろうクラブ」内で遊べるアプリです。

じぶんで磨くバージョンと仕上げ磨きバージョンとを選択できます。

しまじろうの歌に合わせて一緒に歯磨きをします。

はみがき勇者

アプリを起動すると、上半分にモンスターが、下半分に勇者のヘルメットをかぶった自分の顔が映し出されます。

子供が歯磨きをする動きを感知すると、モンスターを攻撃します。

同じ場所より違う場所を磨く方が、攻撃力が高くなったりレベルアップしたりと、子供が飽きずに積極的に歯磨きに取り組める工夫が満載です。

スポンサーリンク




子供が歯磨きで泣く!忙しい毎日の強制歯磨きがストレスのまとめ

毎日ママは大変でしょうが歯磨き時間は、子供とのスキンシップの時間だと思って、楽しみましょう。

子供が歯磨き嫌いになると、本当に大変ですからね。

すこしでも、子供たちが進んで楽しく歯磨きできるように環境を整えてあげましょうね。