多摩川花火大会では、2つの花火大会が同時開催されています。

1つは、神奈川県の川崎市が主催の「川崎市制記念多摩川花火大会」です。

そして、2つ目は、川を挟んだ反対側の東京都の世田谷区が主催の「世田谷区たまがわ花火大会」です。

それぞれが別の特色を持つ花火大会を同時に見られるとあって、毎年多くの人が集まります。

今回は、そんな多摩川花火大会2019のアクセス方法や、屋台、穴場スポットに有料席などの情報を紹介していきたいと思います。

今年こそは、行ってみようと思われたあなた、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク



多摩川花火大会2019年の開催日程

多摩川花火大会2019年の開催日程はこちら。

  • 2019年10月5日(土)
多摩川花火大会 川崎市側
例年の人出 約20万人
打上時刻 18:00~19:00(予定)
打上数 約6,000発
多摩川花火大会 世田谷区側
例年の人出 約39万人
打上時刻 18:00~19:00(予定)
打ち上げ数 約6,000発

小雨程度なら決行しますが、天気があれる場合は中止となります。

スポンサーリンク

見どころ

 

View this post on Instagram

 

Mancoさん(@manco.jp)がシェアした投稿


多摩川花火大会の見どころは、なんといっても2つの花火大会の同時開催にあります。

それぞれが、特色のある花火を打ち上げるので2倍楽しめますよ。

まず、川崎市側で打ち上げられる花火の特徴です。

川崎市側の多摩川河川敷は、住宅街に隣接していることから10号サイズの大きな花火を打ち上げることができません。

代わりに、ノンストップの打ちっぱなしです。

さらに、フィナーレではコンピューター制御による、音楽と一体の「ハナビリュージョン」を見ることができます。

次に世田谷区側の打ち上げ花火の特徴です。

世田谷区側の多摩川河川敷は、広々としていて周囲に住宅街がないので10号サイズの大きな打ち上げ花火やナイアガラを打ち上げることができます。

そのため、夜空一面に花咲くダイナミックな花火大会が楽しめます。

多摩川花火大会は、2つの花火大会が同時開催されているからこそできる、テクニカルさと大胆さを併せ持つ花火大会なのです。

屋台情報

 

View this post on Instagram

 

Yuhei Okawaさん(@yuhei_xetwbix)がシェアした投稿


屋台がお目当ての方は、川崎市側の会場へ行きましょう。

と、いうのも例年200店舗以上出店される屋台のほとんどが、川崎市側の会場に集まるからです。

200店舗以上もの屋台があると、本当にいろんな店が軒を並べます。

屋台を見て回るだけでも、楽しいですよ。

スポンサーリンク

多摩川花火大会へのアクセス方法

では、気になる多摩川花火大会へのアクセス方法について紹介していきましょう。

川崎市側の多摩川花火大会へのアクセス

会場 川崎市高津区の多摩川河川敷
アクセス 東急田園都市線の二子新地駅から徒歩15分

世田谷区側のたまがわ花火大会へのアクセス

会場 世田谷区立「二子玉川緑地運動場」
アクセス 東急田園都市線の二子玉川駅から徒歩9分

「二子新地駅」も「二子玉川駅」も、当日は大変込み合うので早めの到着を予定しましょう。

スポンサーリンク

多摩川花火大会の穴場スポットはどこ?

 

View this post on Instagram

 

Kazunari Kawabeさん(@kazunarikawabe)がシェアした投稿


どうしても混雑が予想される多摩川花火大会を、すこしでもゆったりと見たい方は、穴場スポットでの観覧や有料席の利用を視野に入れておきましょう。

宇奈根キャンプ場周辺

会場から少し離れている分、混雑は少なめです。

ゆったりと観覧したい方向けです。

高津せせらぎ公園

こちらも、混雑しにくい穴場スポットです。

会場からは、離れていますが開けているので高い場所に打ちあがる花火がよく見えます。

宇奈根公園


メイン会場と比べると、混雑はやや少なめです。

ですが、人気スポットですので場所取りは、お早めに。

多摩川遊園

高架があるため低い位置の花火は遮られますが、ゆったりと観覧できる穴場スポットです。

多摩川台公園

東急東横線近くの多摩川大公園は、会場から離れていますが、きれいに花火が見えます。

混雑もないおすすめスポットです。

多摩川花火大会の有料席について

有料席は、おおよそ花火大会の2カ月前から予約販売されます。

最高の特等席で、座ってゆったりと鑑賞したい方は、有料席一択ではないでしょうか。

人気の席は、お早めにチェックしてくださいね!

川崎市側の有料席

川崎市高津区・川崎会場の有料席は、2か所用意されます。

  • 東急田園都市線「二子玉新地駅」下車徒歩15分
  • 東急田園都市線「高津駅」下車徒歩25分
パイプ椅子席 1席 5,000円
ペアシート(2人) 1シート 13,000円
ファミリーシート(4人) 1シート 20,000円

※3歳未満は保護者の膝の上での鑑賞に限り無料となります。
二子玉川公園内の上野毛会場にも有料席が用意されます。

  • Aエリア(二子玉川公園内)
  • 東急大井町線「上野毛駅」下車徒歩8分
パイプ椅子席 1席 4,500円
ペアシート(2人) 1シート 13,000円
  • Bエリア(多摩川河川敷)
  • 東急大井町線「二子玉川駅」下車徒歩9分
テーブル席(最大4人) 1テーブル 25,000円
ベンチ席(最大3人) 1シート 17,000円

世田谷区側の有料席

世田谷区側の有料席は、世田谷区二子玉川緑地運動場内の中の7つのエリアから選ぶことができます。

 

イス席 イス1脚 4,500円
ペアイス席(2人) 椅子2脚 11,000円
ペアシート席(2人) 1シート 11,000円
テーブル席A(4名) 1テーブル 32,000円
テーブル席B(4名) 1テーブル 22,000円
シート席(最大4名) 1シート 14,000円
大型シート席(最大10名) 1シート 35,000円

多摩川花火大会2019のアクセス方法!屋台や穴場スポット・有料席 のまとめ

毎年、多くの人が集まる多摩川花火大会。

ご年配の方や、お子様がいる家庭はゆったりと穴場スポットで見るか、有料席を取っておくことをおすすめします。

最近の夏は夜でも暑いので、熱中症対策は怠らないようにお願いします。