2019年7月21日放送の健康カプセルゲンキの時間では、たった1週間で快便生活ということで便秘についての特集でした。

さつまいもとさといもを1週間食べ続けることで便秘解消!?

こちらでは健康カプセルゲンキの時間で紹介された便秘対策・さつまいも・さといも・キウイ・大麦についてまとめていきます。

スポンサーリンク





さつまいもとさといもで便秘対策

今回の健康カプセルゲンキの時間では、たった1週間で便秘改善生活ということで便秘の意外な原因と、医師がすすめる『腸』を健康に保つ食材が紹介されました。

夏に注意!便秘は万病のもと!?今回は、便秘の意外な原因と、ドクターがすすめる“腸”を健康に保つ食材を紹介します。

便秘で腸内環境が悪化すると『頭痛や肩こり、うつ病、などの身体の不調』の他、大腸がんのリスクも上げてしまうことがあるそうです。

便秘とは

毎日お通じがあっても、お腹が張ったりお腹が痛かったりの症状があると便秘と言われるそうです。

慢性便秘のガイドラインによると 、便秘とは本来体外に排出するべきでも十分量かつ快適に排出できない状態のことを言うとのこと。

リラウタ

夏になると便秘になる方も増えてくるそうです。

暑くて汗をかくことにより、ますます腸に行く水分が減ってしまうため、便が硬くなってしまうため便が腸の中で詰まってしまうことがあるとのこと。

便秘に悩むヒトの食生活をチェック!

朝食を摂らない

朝ご飯を抜くことは腸の活動にとって良くないそうです。

食べるなどの刺激で腸が動く神経反応である蠕動運動は、朝が活発ななため、朝食をとらないことでお通じのリズムを阻害してしまうとのこと。

食物繊維の摂取量が少ない

厚生労働省は1日の食物繊維の摂取量を男性で20 G 以上女性で18 G 以上と定めています。

日本人の食物繊維の摂取量は男女ともに15 G 程度となっているそうです。

食物繊維は不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

どちらもバランスよくとる必要があるそうです。

リラウタ

朝ごはんを食べない食物繊維不足などで便秘が続き腸の機能が低下すると、腸の老化が進んでしまうとのこと…腸内環境が悪化してしまうそうです

スポンサーリンク




不溶性食物繊維

便の材料となり便のかさがを増やして排泄を促進します。

とりすぎてしまうと逆にお通じを固くしてしまう可能性があり。

さつまいもは不溶性食物繊維が多い。

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維は食物に溶けてドロドロになるため便を柔らかくし滑りを良くするあります。

さといもは水溶性食物繊維が多い。

水溶性食物繊維を摂ることで、腸の中の善玉菌のエサとなり分解されると「酪酸」が作られます。

酪酸とは

大腸にとって一番大事なエネルギー源。

酪酸が取れないと腸が活発に働けないそうです。

さらに腸内の細菌バランスの改善にも効果があるとのこと。

リラウタ

酪酸の原料となる水溶性食物繊維をとることで腸を若返らせる近道となるのですね!

便秘対策にキウイ&大麦

キウイと大麦には、水溶性食物繊維が多く含まれています。

便秘改善生活として1週間行われたのが↓↓

・1日3個のキウイ

・大麦1日約27グラム(ご飯に混ぜる)

・玉ねぎ

・柑橘類

リラウタ

お風呂で腸のマッサージをすることも良いそうです。

右から左に押してあげるとガスが出てラクに!

冷たい飲み物をがぶ飲みして腸を冷やしすぎないことも大切だそうですよ♪

スポンサーリンク




健康カプセルゲンキの時間!さつまいも・さといも・キウイ・大麦で便秘対策のまとめ

こちらでは健康カプセルゲンキの時間で教えてくれた便秘対策食材・さつまいも・さといも・キウイ・大麦についてまとめてきました。

普段の食べるものにプラスすることで、便秘対策できるのは嬉しいですね♪