今回は保育園・幼稚園の先生に贈る年賀状のメッセージをまとめました!

保護者・親からのメッセージとお子さんからコメントを紹介。

また最後には、年賀状を送る場合に気を付けるべき宛名などの注意点をまとめたので参考にどうぞ!


スポンサーリンク




(保護者から)幼稚園や保育園の先生に送る年賀状の文例

リラウタ

明けましておめでとうございます。

昨年は親子共々大変お世話になりました。

先生の温かい愛情にいつも感謝しています。

今年はわが子も卒園と入学の年になるので、寂しくもあり、嬉しくもあります。

残り3か月の幼稚園生活ですが、よろしくお願いいたします。

リラウタ

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりありがとうございました。

先生方の温かい指導と見守りのおかげでの息子は心身ともに強くなって、色々なことが出来るようになりました。

親子共大変感謝しております。

これからも宜しくお願い致します。

リラウタ

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

いつも落ち着きのない●●に先生にご苦労をおかけしていると思います。

それでもうちの●●が楽しそうに先生と遊んだお話を聞いて私たち親はうれしく思いますし、感謝しております。

また今年もご迷惑をおかけするかもしれませんが、何卒よろしくお願いします。

リラウタ

あけましておめでとうございます。

昨年中はお世話になりました。

おかげさまで息子も元気でしっかりとした子に育ってくれています。

至らないところも多々あるとは思いますが、本年も息子ともども、よろしくお願いします。

リラウタ

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

先生に会えることを楽しみに毎日幼稚園に通っていて、先生とのおしゃべりを息子から聞く時間が私の楽しみになっています。

これからも幼稚園生活をよろしくお願い致します。

リラウタ

あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました。

先生の明るいオーラと優しい笑顔を見るたびに、親子揃って元気を沢山いただいた一年でした。

今年も引き続き、ご迷惑ご心配をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

リラウタ

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

お忙しい中いつも子どもの様子について色々と教えていただき、嬉しく思っています。

子どもも先生のことが大好き♡とよく話しています!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

リラウタ

あけましておめでとうございます。

昨年は親子共々、大変お世話になりました。

お休み明けに登園するのを息子はとても楽しみにしていて、〇〇先生やお友達に早く会いたいみたいです。

卒園まで残り3カ月となりましたが、今年も宜しくお願い致します。

〇〇先生のご健康とご多幸をお祈りします。

リラウタ

年賀状を送って頂き、ありがとうございました。

また昨年は大変お世話になりました。

4月から年中組なり、最初は不安そうだった◯◯(子供の名前)も年末にはすっかりクラスに馴染み、楽しく幼稚園に通っています。

最近ではお手伝いも進んでするようになり、成長が感じられます。

将来の夢も『幼稚園の先生になりたい』という時もあり、先生が日々一生懸命、子供達を見ていて下さっている証なんだなと思いました。

三学期も始まり、もう少しで年長ですね。

引き続きご指導の方、よろしくお願いいたします。

リラウタ

あけましておめでとうございます。

今年は初めての保育園入園ということで家族共々緊張しておりましたが、温かく迎えてくださりとても嬉しく思いました。

子供も楽しく過ごせているようで、毎日連絡帳を見るのがひとつの楽しみです。

どうぞ今年もよろしくお願い致します。

(お子さんから)幼稚園や保育園の先生に送る年賀状のメッセージの文例

・あけましておめでとうございます。いつも色々教えてくれてありがとう。

・せんせい、あけましておめでとうございます。ことしもたくさんあそんでください。おやすみあけにあうのをたのしみにしています。

・○○です。(子供の名前)今年もよろしくね。

・せんせいいつもありがとう。

まいにちたのしいです。
ことしもいっぱい遊んでね。

・あけましておめでとうございます。先生大好き。

・ことしもよろしくおねがいします。またゆきがっせんしてあそぼうね!せんせいだいすき♡

・〇〇せんせい、いつも一緒に遊んでくれてありがとう。
大好きだよ。

・◯◯せんせい、いつもあそんでくれて、ありがとうございます。ことしもよろしくおねがいします。

・あけましておめでとうございます。今年もたくさん遊んでください。

先生へ年賀状を送る際の注意点【宛名など】

・宛名は幼稚園名と先生の呼び名を書くようにしています。

・子どもの直筆メッセージや写真を入れるようにしています。
また先生個人と園全体に向けて出すようにしています。

・お送り先を伺う時に喪中じゃないかを注意します。

・よそよそしくなり過ぎない

・子供が失敗してしまうと、そのハガキは使えないので、まず最初に子供のメッセージから書かせること。

・送り先の住所を正確に記入する。

・自宅の住所を教えてはいけないルールがある保育園幼稚園もあるので、なるべく園に送るようにしています。

・否定的な言葉や不満・指摘は入れない方がいいと思います。また、日頃の感謝をそのまま伝えた方が良いかなと個人的には思います。

幼稚園の先生への年賀状!宛名の書き方や文例を紹介のまとめ

今回は保育園や幼稚園の先生へ年賀状を送る際の宛名の書き方や文例をまとめてきました。

注意も踏まえて失礼のないようにしたいですね。

ぜひ参考にして、すてきな年賀状を先生に贈っちゃいましょう!