財布選びでまず最初に悩むこと。
それは二つ折り財布にするか長財布にするかの2択。

両方買って使い分ける方は問題ないでしょうが、
入れ替えが面倒!そもそも2つも買えないよ!
という方も当然いますよね。

改めてというほどではありませんが、
二つ折り財布にするか長財布の特徴をしっかり掴みましょう。

スポンサーリンク


長財布の特徴

一般的に言われていることは、長財布の方が
金運的には良いとされています。

理由は
①二つ折り財布はお札を折り曲げるとお札に「失礼」で窮屈なために「逃げる」
②長財布は収納が一般的に多いのできれいに収納できるため「喜ぶ」

なんとなく弱い?
そう思う方もいらっしゃるとおもいます。

財布はお金の玄関ですので、きれいに収納出来るほうが良いです。
でも二つ折りでもできます。

整理する「癖」があれば全然良いでしょう。

日本のお札は和紙でかなり丈夫です。
洗濯機に間違って入れても破れません。

ちょっと曲がるくらいでは、お札は嫌がらないでしょう。

長財布のメリット

〇収納力が豊富
これは疑いない事実でしょう。
だって大きいですもの。

長財布は、
小銭入れ
カード入れ 8~12程度
お札入れ  2か所
が一般的です。

免許もふくめてカードや現金を一通り収納出来る事が
大きいメリットとよべるでしょう。

〇スーツとの相性が抜群
長財布(革が望ましい)がスーツの内ポケットから
スッと出てくれば、スマートで好感度は良いでしょう。
※二つ折りでも上質で上品な革財布ならスーツに合います。

〇お札を折り曲げないですむ
長財布はで折り曲げたく無いと考える方は
男性より女性の方が多く、収入の高い方は長財布の
所持者が多いです。

考え方次第ですが、お金を大切にする習慣なのでしょう。

長財布のデメリット

×大きい
収納面ではメリットでも、持ち運びを考えるとデメリットです。
長財布はポケットに入りにくく、
ラウンドファスナーの大型の長財布はまずポケットに収まりません。

手で持ち運ぶか、別途でバッグを用意する必要があります。
大きいはメリットでもありますが、デメリットでもあるという事ですね。

×値段が高い
一般的に長財布の方が2つ折り財布より金額が高くなりがちです。
各ブランドや各シリーズによって価格は違いますが、

2つ折り財布の1.5倍程度高いです。
ハイブランドなら、数万円の値段差があります。

私が欲しいNo,No,Yesというブランドの
「所作」は
長財布(ロングウォレット)は2~2.4万円
二つ折り(ショートウォレット)は1.5~1.8万円

>>所作 shosa 長財布 ロングウォレット


>>所作 shosa 折り財布 ショートウォレット

二つ折り財布の特徴

特に若い男性に人気の高い二つ折り財布

二つ折り財布の特徴は基本的に長財布と反対です。

では、詳しく書いてみましょう。

二つ折り財布のメリット

〇コンパクト
まず、思いつくのがサイズ感のメリットでしょう。
ジーンズのポケットに入る事は大きいメリットでしょう。

別途に用意するバッグにも入れる必要はないので、
すぐに財布を取り出せます。

長財布は材質や形状によっては、
お尻のポケットにいれられませんからね。

〇リスク分散
日本ではあまりないかもしれませんが、
海外でバックを手に放した瞬間に盗まれるなんてこともあります。
盗まれるだけではなく忘れる事もあるかと思います。

バックだけ無くなっても財布は無事な可能性があります。

まぁ財布だけなくなってバックは無事なんていう
逆パターンもありえますけど・・・

二つ折り財布のデメリット

×財布が傷みやすい
二つ折り財布は常に曲げるという事とお尻の
ポケットに入れて座るとつぶれてしまいます。

×コンパクトでも厚い
二つにおるので、比較的厚くなるのが
二つ折り財布です。

ポケットがあまり膨らんでいるのは、
カッコいいものではありませんよね。

今、私が使用している財布は、薄いものなので
↓参考にしてみてください。↓

>>グッドデザイン賞受賞【薄い財布】二つ折り財布

財布の二つ折り財布と長財布はどっちが良いの?のまとめ

どちらも長短があります。
しかも反対のメリット・デメリットです。

そのため、
用途
ファッション
スタイル
によるかと思います。

機能は一長一短があり、引き分けですので、
特徴を良く理解して
「二つ折り財布」・「長財布」を
ご自分の納得する財布を選んでください。

スポンサーリンク

関連記事