2019年9月5日放送の主治医が見つかる診療所では、体の糖化とサビ防いで血糖値の急激な変化を抑える食事法を紹介!

斉藤慶太・祥太兄弟が 血糖値の上昇を検証しました。

こちらでは主治医が見つかる診療所で教えてくれた血糖値の急激な変化を抑える・体の焦げを溜め込まない食事法についてまとめます。

スポンサーリンク





主治医が見つかる診療所!血糖値の急激な変化を抑える食事法・体の焦げを溜め込まない食事法

今回の主治医が見つかる診療所では、血糖値の急激な変化を抑える食事法について紹介。

体の焦げを溜め込まない食事法

①うどんには生卵をつける

釜玉うどんを選ぶといいそうです。

タンパク質や脂質食物繊維を一緒に食べると、胃からの排出が遅れることにより、血糖値が上がりにくくなるとのこと。

卵の場合はたんぱく質と脂質。

血糖値の乱効果が少なく体の焦げをため込みにくくなるそうです。

②おにぎりを食べる前にはめかぶを食べる

キャベツとめかぶで検証 。

もう食べた後の方が血糖値の上昇が少ないという結果が出ました。

めかぶは水溶性食物繊維のため、おにぎりの糖ねえ聞こえない時間だよをコーティングする働きがあり血糖値が上がりにくくなったとのこと。

おにぎりの前にはめかぶを食べると良いそうです。

③カレーのトッピングはチーズがおすすめ

カツカレーとチーズカレーで検証。

チーズカレーの方が体が焦げにくいそうです。

タンパク質の中では、肉より乳製品の方が血糖値が上がりにくいが分かっているとのこと。

血糖値を乱高下させない賢い食べ方

①食事中に緑茶を飲む

②食後1時間以内に運動をする

③ナッツ類をちょい足ししてよく噛んでゆっくり食べる。

緑茶のカテキンには AGE を下げる効果があるとのこと。

スポンサーリンク




主治医が見つかる診療所!血糖値の急激な変化を抑える・体の焦げを溜め込まない食事法のまとめ

こちらでは主治医が見つかる診療所で教えてくれた血糖値の急激な変化を抑える食事法をまとめてきました。

血糖値の上昇に気を付けて、ゆっくり食べることを心掛けたいですね♪