2019年9月5日放送の主治医が見つかる診療所では、体の糖化とサビ防いで痩せる・若返る・美肌になる名医テクを紹介!

体の焦げを防ぐ焼き肉の賢い食べ方があるそうですよ。

こちらでは主治医が見つかる診療所で教えてくれた焼き肉の賢い食べ方・肉の焼き方についてまとめます。

スポンサーリンク





主治医が見つかる診療所・焼き肉の賢い食べ方/肉の焼き方

今回の主治医が見つかる診療所では、体の糖化とサビ防ぐ方法につて紹介。

老化の原因は体の中の焦げとさびだそうです。

これらを防いでいつもでも若さを保っていきたいですね!

それでは、焼き肉の賢い食べ方を見ていきましょう。

肉を焼く前にレモンをかける

お肉にレモンやお酢をかけて、15分ほど待ってから焼くと体の焦げの原因となるAGE ができにくくなるとのこと。

カケル量は肉がレモンや酢に少し浸かる程度。

焼肉なら一人前に対してレモン1/4個程度をかけると良いとのこと。

古漬けキムチを食べる

体の焦げを防ぐためには古漬けのキムチを食べると良いそうです。

乳酸発酵をしているため体が焦げるのをより防いでくれるとのこと。

白菜の食物繊維が AGEの排出を促す効果が期待できる。

タレに漬けこんでいないお肉を選ぶ

タレに漬け込んでいないお肉の方が体に焦げを作りにくいそうです。

焼肉屋さんでお肉を選ぶ際には、塩を選ぶと良いとのこと。

タレの中には糖分がたくさん入っているため、糖分に漬け込んだ肉を焼いてしまうと、 肉のタンパク質と結びつき AGEができやすくなるのだそうです。

なのでタレのついていない肉を焼いてから、タレは後付がおすすめ。

ドラパンダ

わさびやこしょうで食べるのも○!

わさびやこしょうには体内で AGEが作られるのを抑える効果があるとのこと。

お肉と不溶性食物繊維を一緒に食べる

タレがついた肉を焼いてもサンチュやサニーレタスなどと一緒に食べると良いそうです。

サンチュやサニーレタスに含まれる不溶性食物繊維が、焼肉の中に含まれる AGEを吸着・排出してくれるとのこと。

スポンサーリンク




主治医が見つかる診療所!焼き肉の賢い食べ方・肉の焼き方のまとめ

こちらでは、主治医が見つかる診療所で教えてくれた焼き肉の賢い食べ方・肉の焼き方をまとめてきました。

お肉にはお酢やレモンをかけてから調理するといいですね!