2019年1月31日放送の主治医が見つかる診療所では、外国人が選ぶジャパニーズ健康食として・そばが紹介されました。

こちらでは主治医が見つかる診療所教えてくれたそばについての健康効果などをまとめていきます。

スポンサーリンク



主治医が見つかる診療所・そば

今回の主治医が見つかる診療所では、そばの健康効果について紹介。

蕎麦に含まれるルチンはポリフェノールの一種で、血中の悪玉コレステロールを下げる働きがあるそうです。

蕎麦は健康効果だけでなくダイエットにも注目されていますよね。

ダイエットにおすすめのそばは?

ダイエットにおすすめなのは、冷たいそばだそうです。

冷たいそばダイエット効果は、茹でてから冷ますことで、デンプンが体に消化されにくくなるとのこと。

スポンサーリンク

ルチンの働きがアップするトッピングは?

ルチンの働きをアップするのは大根おろし。

大根に含まれるビタミン C がルチンの働きを活性化してくれるとのこと。

ルチンの抗酸化作用もアップし老化予防も期待できるそうです。

ルチンをたくさん取ることができるのは?

ルチンをたくさん取ることができるのは、そば湯よりもそばがきだそうです。

そばがきは、そば粉と水を火にかけねって作ります。

そばがきは、そば粉をそのまま食べているのと同じなので、ルチンが丸ごと取れるとのこと。

ルチンを多く含む側の選び方

蕎麦を買う際には、必ず後ろの原材料を見ること。

生蕎麦は3割そば粉が入っていれば、そばとして法的に認められるそうです。

乾麺の蕎麦に関しては、多少そば粉が入っていればそばとして認められるとのこと。

ルチンを多く取りたい場合、重要なのはそば粉が多く使われている商品を選ぶこと。

商品の裏に書いてある原材料は、使用している原材料の多い順に書いてあります。

そのため蕎麦粉が先頭に書いてあるものを選びましょう。

ルチンを多く含むダッタンそば

ダッタンそばは、日本そばよりもルチンを多く含むそばだそうです。

>>韃靼そば

主治医が見つかる診療所・そばの健康効果やダッタンそばの通販のまとめ

こちらでは、主治医が見つかる診療所で紹介された、そばの健康効果やダッタンそばの通販についてまとめてきました。