2019年2月9日放送の世界一受けたい授業では、足にかゆみやむくみがある人要注意の下肢静脈瘤についての紹介!

こちらでは世界一受けたい授業で紹介された下肢静脈瘤の予防体操のゴキブリ体操のやり方についてまとめます。

動画でも紹介!

スポンサーリンク



世界一受けたい授業で下肢静脈瘤についての特集

下肢静脈瘤になると下記のような症状が出てくるそうです。

・しつこい脚のかゆみ

・夕方になると足がむくむ

・頻繁に足がつる

・足が重ダルイ

下肢静脈瘤は、血管の弁が機能しなくなるとおこるそうです。

血管の弁は一度壊れてしまうと、手術以外に回復する方法はないとのこと。

下肢静脈瘤になりやすい人の特徴

下肢静脈瘤になりやすい人の特徴はこちら。

・立っている状態が多い人

・座りっぱなしが多い

頻繁に便秘になる人も下肢静脈瘤になりやすいとのこと。

こんな人は、かかと上げ下げ運動を行うと良いそうです。

1時間おきに10回が目安。

スポンサーリンク

下肢静脈瘤の予防体操

世界一受けたい授業では、下肢静脈瘤対策の体操を教えてくれました。

下肢静脈瘤の対策のゴキブリ体操のやり方(動画)


下半身のむくみやだるさに効果的な下肢静脈瘤の対策のゴキブリ体操のやり方が紹介された動画もありました↑↑

①仰向けに横になります。

②両手両足を天井に向けてあげます。

③手足をゴキブリのようにバタバタさせるだけ!

※30秒間手首足首を小刻みに動かします。

1回30秒×1に3セット行うと良いそうです。

身体全体の血流が良くなるとのこと。

スポンサーリンク


世界一受けたい授業・下肢静脈瘤の対策のゴキブリ体操のやり方のまとめ

こちらでは、世界一受けたい授業で教えてくれた下肢静脈瘤の対策のゴキブリ体操のやり方についてまとめてきました。

簡単な体操なので、ぜひ試してみたいと思います♪