七五三の行事は漠然と知っているけれど、細かいことはわからないって方もいるのではないでしょうか?

男の子と女の子で行う年齢に違いがありますよね。

また早生まれのお子さんの場合、いつやるといいのか?

今回は2018年の七五三はいつなのかをまとめると共に、早生まれの場合、男女で行う年齢の違いについて紹介します。

スポンサーリンク



2018年の七五三はいつなのでしょうか?


2018年に限らず七五三は、本来11月15日です。

起源は諸説あるそうですが、 徳川家 五代将軍綱吉が、11月の中旬に我が子に髪置の儀式を行おうとした日が、
徳川家 三代将軍家光が、後の五代将軍綱吉の病弱を心配し、無事成長を祈りに、袴着の儀式を執り行ったのが11月15日。

庶民もやがてこれにならって11月15日に歳祝いを行うようになった という説が有力だそうです。

ただ、現在は11月15日に絶対とは限りません。

そもそも休みでは無いとか、日柄が悪いという事でズレることがありますよね。

したがって、七五三は11月15日頃という目安になっている状態です。

スポンサーリンク


七五三は男・女で時期が変わる?


七五三は、男の子と女の子で時期が変わるのでしょうか。

・男の子3歳と5歳

・女の子3歳と7歳

以下が七五三は年齢・性別ごとの儀式です。

雑学的に書きました。

はっきり覚える必要は無いと思います。

七五三の儀式

3歳 【髪置(かみおき)】男女とも3歳で髪を伸ばし始める。

5歳 【袴着(はかまぎ)】男の子が5歳で袴を着け始める。

7歳 【帯解(おびとき)】女の子が7歳で帯を締める着物にかえる。

スポンサーリンク


七五三(2018年)はいつ?早生まれは何歳の時にお参りにいくの?


お子さんが早生まれの場合の七五三では、何歳の時点でお参りにいくのが良いのでしょうか。

これが七五三で一番迷う事かもしれません。

ただ、早生まれ以外でも数え歳?満年齢?と迷う事もありますよね。

はっきり言うと、現在は正解は無いという事です。

ただ・・・しっかりした知識が欲しいと思う方もいらっしゃると思います。

一応、昔は「数え歳が基本」ですので、二歳半ぐらいで七五三を迎える事になります。

また、11月15日と毎年決まっていました。

※数え歳・・生まれた年を1歳として1月1日(元旦)を迎えるごとに加齢していきます。
例えば11月12月生まれは七五三のときに数え年だと3歳だけど満年齢1歳10ヶ月になってしまいます。

いつからかというはっきりした事は言えませんが、現在は満年齢でもOK!11月15日付近でOK!となっています。

だって2歳半ぐらい(最年少は一歳10ヶ月)のお子様はイヤイヤ期です。

写真・お参りは大変ですよね!?(2歳半は可愛い盛りで写真撮影にはもってこいですけど)

オムツをして和装なんかしたら、お子様も疲れちゃいます。

家庭や地域によりコダワリがあるかもしれませんので確認はしましょう。

ただ7歳の時は数え歳がオススメです。

小学校で学年が変わってしまいますので。

2018年の七五三を行う年齢は下記の表でまとめています。

年齢 性別 満年齢 数え歳
3歳 男女 平成27年(2015年) 平成28年(2016年)
5歳 平成25年(2013年) 平成26年(2014年)
7歳 平成23年(2011年) 平成22年(2012年)

2018年の七五三はいつ?男女や早生まれでは?のまとめ

2018年の七五三についての解説や男女で行う年齢の違い・早生まれではいつお参りするのがいいのかなどについてまとめてきました。

七五三を行う年齢は、数え歳でも満年齢でもOK!

厳密は決まりはなく、どちらでもOKですので兄弟・姉妹がいる場合なら、下の子は満年齢で上の子は数え歳でもOKです。

1回でまとめられるなら経済的負担がグッと軽減されますよね。

個人的な意見だと3歳・5歳は満年齢がオススメです。

子供の1年は大きいです。

成長にともなってスムーズに行く可能性はふえますよね。

7歳は(しかも女の子)は数え歳でないと、周りはお参りに行っているのにという取り残された気持ちになってしまう事もあります。

でも子供の1歳なので満年齢にして1年周りと遅らせると、大人っぽい写真が残る可能性があります。

お子様の成長と家族構成・姑さんの意見を聞いたりして検討して、思い出に残る七五三にしてくださいね♪