2019年6月10日放送の放送のビビットでは、梅雨時の洗濯物の生乾き臭・ゾンビ臭防止の五つのワザを教えてくれました!

ゾンビ臭(洗っても蘇る臭い)のキーワードは5時間。

こちらではビビットで教えてくれた生乾き臭・ゾンビ臭の防止の部屋干し方法についてまとめていきます。

今回のビビットでは梅雨時に気になる洗濯物のゾンビ臭について紹介されました。

スポンサーリンク





ビビット・梅雨時の部屋干しのゾンビ臭の対策法

ゾンビ臭の原因はモラクセラ菌が増殖することで発生するのだそうです。

ゾンビ臭を発生させないための対策

洗濯物を置く場所

洗濯機に入れて放置しない。

洗濯かごを使用する。

菌の増殖には温度と湿度、無風状態+時間が関係してくるそうです。

洗濯機の中では、洗濯槽の中に水分が残っていたりするため、この条件がそろってしまうとのこと。

穴の空いた洗濯かごに入れておくことがポイント。

洗濯かごは二つ用意し、濡れているものと乾いているものを別々に入れておきます。

洗う時にはお湯で

40°程度のお湯で洗うことがポイント。

皮脂汚れは体温よりも少し熱いお湯で洗うと溶けやすくなるためです。

40℃程度のお湯に10分程度をつけておくと汚れが落ちやすくなるとのこと。

お風呂の残り分けは雑菌が繁殖してることがあるため、避けた方が良いそうです。

さらに普段より脱水は少し長くかけると良いとのこと。

洗濯物の干し方

洗濯物の干し方で良いものは、アーチ干し。

乾かす時に空気に触れる表面積が多いほど乾きやすくなるため、外側に大きくて長いものを押すと乾きやすくなるそうです。

長袖シャツの干し方は、 脇の下を早く乾かすために、もう一つハンガーを使い腕の部分をかけておくとの良いとのこと。

襟の部分と脇の部分が早く乾いた方が雑菌臭がしなくなるのだそうです。

バスタオルの干し方

バスタオルの干し方は 、囲み干しが良いそうです。

梅雨時期に早く洗濯物を乾かすために扇風機は有効だそうです。

臭いが発生しないための5時間を守るためには風の循環を良くすることも大切。

カーテンレール干しは NG

部屋干しの中で絶対にしていけないのはカーテンレールに干すことだそうです。

理由は湿気が多いこと、カーテンの汚れ雑菌が付着してしまうこととのこと。

梅雨時の窓際は閉めぱなしのため、湿気がたまりやすく雑菌が付着しやすい場所。

カーテンは外気の汚れを取るフィルターの役目もしているため、 あまり綺麗ではない場所のため避けた方が良いそうです。

窓を閉め切っている場合、部屋の風は窓際で動きが少ないため乾きにくい場所となるとのこと。

スポンサーリンク




ビビット!ゾンビ臭の対策法・梅雨時の部屋干しのまとめ

こちらではビビットで紹介された梅雨時の部屋干し対策・ゾンビ臭を出さない方法についてまとめてきました。

洗っても蘇ってくる臭いは、梅雨時の気分をブルーにさせますよね。

部屋の中で洗濯物を干す場所がない場合、カーテンレールなど使いがちですが、匂いが気になる時には避けた方が良さそうです。