2018年11月22日放送のヒルナンデスでは、増税前に知っておきたい節税対策!ふるさと納税のお得な使い方が紹介されました。大ブームとなっているふるさと納税の落とし穴も教えてくれました。教えてくれたのは、二児のママさんで消費者目線が人気のファイナンシャルプランナー。
こちらでは、ヒルナンデスで紹介された、ふるさと納税のお得な使い方や損しない方法についてまとめます。

スポンサーリンク



ヒルナンデス!節約のためのふるさと納税

今回のヒルナンデスでは、消費税アップに向けての節税・節約について教えてくれました。

知らないと損してしまうこともあるそうです。

それは、家や車などの大きな買い物をする場合の準備。

家を建てるならば、引き渡しが2019年の9月末まで、また注文住宅の場合は、契約が3月末まででなければ、支払い時の消費税は上がってしまうそうです。

消費税が8%のうちに家を買うならば、早めに動きださなければ間に合わなくなってしまいますね^^;

大きな買い物をするときの税率は、特に大きいので注意が必要です!

スポンサーリンク

ふるさと納税のお得な使い方

ヒルナンデスであ、ふるさと納税のお得な使い方を紹介!

最近CМなどでも、よく見かけるふるさと納税。

実質2000円でお得に活用できる方法とは・・・?

いくら納税すればお得になるのかは、総務省が教えてくれています。

ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税ワンストップ特例制度とは、サラリーマンの場合、1年間で5自治体まで確定申告を行わなくても寄付金控除を受けられる制度。

そもそも確定申告をしない方には、確定申告での寄付控除がすごく役に立つとのこと。

5自治体にふるさと納税をすると、自治体からは、寄付額のの最大3割ほどの返礼品が送られてきます。

ふるさと納税をすると住んでいる自治体にふるさと納税をしたことの連絡が入るそうです。

住んでいる自治体は翌年の住民税から48000円減額してくれます。

自己負担がわずか2000円で豪華特産品をゲット!

さらに、ふるさと納税はクレジットカードで支払いができるため、ポイント貯まるとのこと。

実家などに、お中元やお歳暮の代わりに送ることができるそうです。

スポンサーリンク

ヒルナンデス!ふるさと納税のお得な使い方・損しない方法のまとめ

こちらではヒルナンデスで紹介されたふるさと納税のお得な使い方そのしない方法についてまとめてきました。

消費税も上がるので家計は苦しくなるばかり・・・お得に節税しながら乗り越えていきたいですね!