2019年5月27日放送のノンストップでは、日焼け止めの選び方を紹介。

紫外線が気になる季節には、日焼け止めは必須ですよね!

こちらではノンストップで教えてくれた日焼け止めの選び方をまとめます。

スポンサーリンク





ノンストップで日焼け止めや紫外線対策を紹介

今回のノンストップでは、あなたに合った日焼け止めの塗り方講座と肌の負担を軽減する日焼け止めの塗り方を紹介!

日傘や帽子など紫外線対策は色々ありますが、やっぱり日焼け止めも必要ですよね。

なかでも5月の紫外線は一番肌が荒れやすいのだそうです。

実際日焼け止めを塗っている人と塗っていない人では肌のダメージに差が出てくるそうです。

肌の老化の原因は年齢が2割、紫外線による光老化が8割になるとのこと。

これを聞くと紫外線対策の重要さがガツンと伝わってきますよね。

スポンサーリンク




日焼け止めを選ぶポイントは?

日焼け止めを選ぶポイントは、実際よくわからず使ってる人も多いのではないでしょうか。

SPFとは?

SPFとは、サンプロテクションファクターの略。

日焼けやシミなどを作る紫外線 B 波を防ぐ指標になります。

紫外線 B 波とは日焼けやシミの原因となるレジャー紫外線と呼ばれています。

この日はを防いでくれるのが SPF です。

SPF1につき約20分紫外線を防いでくれる。

例えば SPF 50であれば、紫外線 B 波のダメージを50倍遅らせることになるとのこと。

時間にするとおよそ17時間肌のダメージを遅らせてくれるという計算になるそうです。

あくまでも計算上の数字のためこの時間という保証はないとのこと。

PAとは?

PAとは、プロテクショングレイドオブユーヴィエーの略。

しわやたるみの原因になる紫外線 A 波を防ぐ指標になります。

紫外線 A 波はシワやたるみなどアンチエイジングに関わってくる生活紫外線と呼ばれています。

雲やガラスを透過してくるため、家の中にいても浴びてしまうもの。

一年中降り注いでいるため、注意が必要。

PAに付いてくる数字は、数が多いほど防ぐ効果が高まるそうです。

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方は、日常生活であれば(散歩買い物など) SPF10~20  PA +程度。

屋外での軽いスポーツやレジャーなどの活動であれば、 SPF20~30  PA+++程度。

炎天下でのレジャーリゾート地でのマリンスポーツなどであれば、SPF30~50  PA++++。

これらを目安に使い分けると良いとのこと。

スポンサーリンク




クリームタイプの日焼け止めの特徴

保湿性が高く崩れにくくレジャー向き。

海などのレジャーに向いていますが落とす時にはクレンジングが必要になることも。

ミルクタイプの日焼け止めの特徴

ミルクタイプの日焼け止めは、 スキンケアに近い使い心地で日常使いに向き。

これも汗や水に強いため使い心地も良いとのこと。

最近では石鹸でも落とせるものが増えています。

ジェルタイプの日焼け止め

ジェルタイプの日焼け止めは、軽いつけ心地でべたつかず日焼け止めが苦手な方におすすめ。

基本石鹸で落とせるものになります。

ローションタイプの日焼け止め

ローションタイプの日焼け止めは、化粧水感覚で使えて馴染みやすい。

こちらもさらっとしているため日焼け止めが苦手な方にも向いています。

伸びが良いので、ボディにも使いやすい。

リラウタ

日焼け止めの選び方としては、使い心地の良いものを基本とし、生活スタイルに合わせて使い分けると良いそうです!

顔用のものは、ボディに使えますが、ボディ用のものは顔に使って欲しくないとお話しされていました。

日焼け止めの正しい塗り方

①クリームタイプ以外の日焼け止めは、成分を混ぜるために使用前によく振ることがポイント。約10倍ほど降ると良いとのこと。

②日焼け止めを額・両頬・鼻・アゴの 5箇所に置きます。

※ここで全体に塗りこんでしまいがちですが、それは NG です!

③肌をやさしく包み込むように、パッティングするように塗っていくことがポイント。また頬は、落ちやすいため重ね塗りすると良いとのこと。

2,3時間おきに塗りなおすことも大切だそうです。

他にも、日傘やサングラスなどでの対策も!

朝化粧をしたら、化粧直しに日焼け止めのパウダーや飲む日焼け止めを利用しても良いとのこと。

飲む日焼け止めも最近増えてきており、メラニンの生成を抑制してくれるという効果があるそうです。

※普段飲んでいる薬などがある方は、飲み合わせなど医師に相談することが必要になります。

美肌を保ちたいけれど日焼け対策が大変という人は…

日焼け止めを塗ったり気をつけているけど焼けてしまう・・・

子育て中で忙しく自分に時間をかけられない・・・

どんよりした肌の表情が気になってきた・・・

内側から徹底的に守りたい・・・

面倒なケアはしたくない・・・

そんな方には全身ムラなく日焼け対策サプリがあります!

日焼けサプリとして有名なものがこれです↓↓

モンドセレクション金賞受賞!

どんな時でも内側から夏の美容対策ができるので、外出が多いけれど対策が…という人におすすめです。

>>日傘サプリ