2019年6月5日放送のソレダメでは、汗ばむ季節になるときになる臭いのこと。年代別の3大体臭があるんです。

今では加齢臭だけでなく洗っても落ちない疲労臭も・・・シャンプーの仕方でも臭いが変わるのだそうですよ。

体臭のケアはできていますか?

こちらではソレダメで紹介された体臭(ミドル脂臭・疲労臭・加齢臭・汗臭)の対策法についてまとめていきます。

スポンサーリンク





ソレダメ・体臭についての特集

10代から30代の臭い・汗臭

10代半ばから30代半ばの人は代謝が活発たくさん汗をかくのでは摂取が発生。

汗臭対策

普段から運動をして汗をかいているとサラサラの汗が出やすくなるため、できるだけ運動をする習慣をつけると良いとのこと。

クーラーに長く当たっていたり普段から運動して汗をかく習慣がない方は、ネバネバ汗(くさい汗)の原因になるのだそうです。

30代から50代の臭い・ミドル脂臭

三十代半ばから汗に乳酸が含まれるようになり乳酸を細菌が食べることで主に後頭部から発生。

その臭いは使い古した油やチーズのような臭いだそうです。

ミドル脂臭対策

後頭部から発生するミドル脂臭は、シャンプーをする前にブラッシングをしてから行うとよいとのこと。

ソレダメ!ミドル脂臭を防ぐシャンプーの仕方

ミドル臭を防ぐシャンプーの仕方も紹介されました。

スポンサーリンク




50代半ば以上の臭い・加齢臭

加齢臭は主に耳の裏から発生すると言われていますが、胸やお腹背中などからも多く発生しているとのこと。

皮膚の潤いを保つため 皮脂腺から皮脂が分泌していますが、50代半ば以上になると皮脂の成分が変わり参加しやすくなるのだそうです。

この時、枯葉や古本のような臭いが発生。

加齢臭対策

体の洗い方⇒皮脂を落としすぎると必要な皮脂が分泌されてしまうため優しく洗うと良いとのこと。

加齢臭対策に良い果物はカシスだそうです。

抗酸化作用を含む成分が多く含まれているカシスは、食べると皮脂が酸化されにくくなるとのこと。

ジャムや粉末のものでも良いそうです。

疲労臭

疲労臭の匂いはどんな匂いなのか気になりますよね。

この匂いはアンモニア臭。

匂う部分は身体全体。

疲労臭の原因

疲労臭の原因は、肉体的な疲れやストレス便秘など。

肝機能が低下し匂いが発生。

疲れやストレスを感じる機会が多い三十代半ばから50代半ばに多く発生しているとのこと。

疲労臭の対策

洗っても落ちない恐怖の疲労臭、匂いを対策する方法はあるのでしょうか。

疲労臭の対策としては、十分な睡眠をして、シジミやしめじを食べる。

シジミやしめじには、オルニチンという成分が含まれています。

これを食べる事で肝機能が良くなりアンモニアの発生を抑えることができるとのこと。

疲労臭を抑えるラクチュロース

>>ミルクオリゴ糖 ラクチュロースシロップ

これから学会で発表されるというラクチュロースが紹介されました。

ラクチュロースはオリゴ糖の一種で、胃で消化されず腸まで直接届くのだそうです。

そうすることでビフィズス菌が増えてアンモニアが減るとのこと。

ラクチュロースの入ったヨーグルトや飲料サプリシロップなどがスーパーでも購入することが可能!

スポンサーリンク




ソレダメ!体臭(ミドル脂臭・疲労臭・加齢臭・汗臭)の対策法のまとめ

こちらでは、ソレダメで紹介された体臭(ミドル脂臭・疲労臭・加齢臭・汗臭)の対策法についてまとめてきました。

臭いは自分のイメージを大きく左右するものなので、早めにしっかりボディケアしていきたいですね。