ソレダメ!子供がスマホで課金しても払わなくていい方法とは?

子育て関連

2019年5月29日放送のソレダメ!あなたの常識は非常識!では、子供がスマホで課金してしまった場合の対処法について教えくれました。

子供がスマホを持つと思わぬ金銭トラブルになることも…

こちらでは、ソレダメで紹介された子供がスマホで課金しても払わなくていい方法についてまとめていきます。
[cc id=22508 title=”リンクアド”]
[cc id=7091 title=”もくじ”]

ソレダメ・子供がスマホで金銭トラブル!

今回のソレダメでは、子供がスマホで金銭トラブルになってしまった場合の対処法を紹介。

クレジットカード登録された母親のスマホでゲーム課金してしまったということもあるようです。

国民生活センターへ寄せられるスマホ関連のデジタルコンテンツ、スマホのゲーム課金や有料サイトの請求に対する問い合わせは年間4万件以上にもなるとのこと。

子供がスマホで課金しても払わなくていい方法がある?

未成年者が親に内緒で携帯アプリなので課金をした場合、条件次第ではこの契約は取り消すことができます。

これは民法、未成年者契約の取り消しによるもの。

条件として下記に対して親の承諾を得ていないこと。

使う金額が子供のお小遣いの範囲を超えていること。

これらを証明できれば弁護士は消費生活センターに相談を内容証明を送れば返金の可能性が高くなるとのこと。

[cc id=22508 title=”リンクアド”]

ソレダメ!子供がスマホで課金しても払わなくていい方法のまとめ

こちらではソレダメで紹介された子供がスマホで課金しても払わなくて済む方法(条件アリ)についてまとめてきました。

高額な請求がきたらびっくりしてしまいますよね。

もしもの時には、このような対策法もあるということは覚えておくと安心ですね。

文章力ゼロだった子どもが自信をもって作文を書けるようになった方法とは?

文章っていざ書こうと思っても、浮かんでこないことってありませんか?

私はよくあります。
 

これは学生時代に限ったことだけでなく、大人になってから、履歴書やエントリーシートの書き方、仕事のメールのやり取りで苦労したという人も多いです。

 

私の文章力のなさが子どもにもしっかりと遺伝したわけなんですが、ある方法を試したことで子供が作文を自分から進んで書くようになったんです。

 

文章力は一生役立つスキルなので、子供には社会に出る前に身につけられて本当に良かったと思っています。

 

子どもの作文力は親できまる!?親子で文章力を上げる方法!