2019年5月4日放送のジョブチューンでは、誤嚥性肺炎のチェック方法が紹介されました。

早い人では40代くらいから、誤嚥性肺炎の危険性は高まってくるそうです。

こちらでは、ジョブチューンで教えてくれた誤嚥性肺炎のチェック方法と誤嚥性肺炎予防におすすめのおでこ体操&アゴ持ち上げ上げ体操のやり方のやり方をまとめます。

スポンサーリンク



名医のTHE太鼓判!脈拍安定の呼吸法のやり方

ジョブチューンで誤嚥性肺炎について特集

今回のジョブチューンでは、100歳まで健康に生きる秘訣を健康長寿に調査!

誤嚥性肺炎を予防する喉を鍛える簡単体操が紹介されました。

誤嚥性肺炎の危険度チェック

コップに100cc の水を用意します。

100ミリリットルの水を飲みきるのに何秒かかるかを計測します。

※このテストは高齢で食事中にむせることが多い方は控えるようにしてください。

このチェックでは10秒以内に飲めれば問題ないそうです。

これ以外にも気をつける点として紹介されたのが以下の5つ。

①食事中むせたり咳込む.

②上を向いて水を飲むとむせる.

③食事中食後に喉がゴロゴロする.

④喉仏が首の半分より下にある.

⑤あーと声を出して準備は続かない

1つでも当てはまる人を飲み込む力が衰えている可能性があるのだそうです。

スポンサーリンク

飲み込む力をアップするおでこ体操

①手のひらの付け根とおでこを合わせます

②顔はおへそを見るように顎を引いて手はおでこを押し上げます

③5秒間キープします。

アゴ持ち上げ上げ体操

①両手をグーにして顎の下に当てます

②口はをイーという口にしてと横にひきます

③手は顎を押し上げ、あごは押し下げます

喉仏あたりに力が入っていることを確認しながら5秒間キープ。

どちらも毎回の食事前に10回ずつ行うと良いそうです。

林修の今でしょ講座!水の正しい飲み方・健康的な水分補給の方法!