2018年11月24日放送のジョブチューンでは、医師が選ぶオリーブオイルの健康効果について紹介されました。

オリーブオイルはオリーブを生のまま絞った油で、使い方次第では、動脈硬化の予防や血糖値スパイクの抑制などの効果があるそうです。

こちらでは、ジョブチューンで紹介されたオリーブオイルの使い方やオリーブオイル納豆&オリーブの炊き込みご飯のレシピなどについてまとめていきます。

スポンサーリンク



ジョブチューン!オリーブオイル

今回のジョブチューンでは、体に良い油・オリーブオイルについて特集!

オリーブオイルには、動脈硬化を予防する成分オレイン酸とポリフェノールが含まれています。

動脈硬化の原因の一つには、悪玉コレステロールの酸化があるそうです。

オリーブオイルに含まれるポリフェノールは、この油の酸化を防ぎ動脈硬化を予防してくれるとのこと。

オレイン酸によって胃から食べたもののアイス時間が遅くなるため糖の吸収が遅くなるそうです。

そのことから血糖値スパイクが抑えられるとのこと。

オリーブオイルの選び方

オリーブオイルの選び方についても紹介されました。

オリーブオイルはどれでもポリフェノール量が同じというわけではなく選び方にも注意が必要だそうです。

エクストラバージンオリーブオイルは、ポリフェノール類が多く含まれているそう。

オリーブの実を生のまま絞ったもので、皮や種に含まれるポリフェノールが多いとのこと。

>>有機栽培エキストラバージンオリーブオイル

一般のオリーブオイルは、渋みなどを取り除く工程でポリフェノールの量も減ってしまうのだそう。

効果の予防にはエクストラバージンオリーブオイルが適している!

オリーブオイルを1日に接種する量は?

いくら健康に良いといっても、エネルギーが大きいため摂り過ぎは肥満につながるとのこと。

1日に摂る量の目安としては、大さじ2杯くらいだそうです。

日常的に使っている油をオリーブオイルに変えて、炒め物などに使うと良いそうです。

スポンサーリンク

オリーブの炊き込みご飯のレシピ

オリーブの生産地小豆島では、生産者の食卓でもオリーブがたくさん並んでいるそうです。

オリーブの炊き込みご飯のレシピはコチラ!

①炊飯器の釜に、お米と少なめの水を入れます

②塩漬けのオリーブきのこなどお好みの具材を入れます。

③きざみにんにくと醤油で味付けをして、最後にオリーブオイルを入れて炊きます。

オリーブオイル納豆のレシピ

納豆などにもういいボールをかけて食べているとのこと。

豆類は食物繊維が多いため糖質の吸収が緩やかになります。

またオリーブオイルも糖質の吸収を緩やかにするためすごく良い食べ方だそうです。

※こちらの記事も人気です!

>>ジョブチューン!亜麻仁油(アマニ油)の効果的な使い方

ジョブチューン!オリーブオイル納豆&オリーブの炊き込みご飯のレシピのまとめ

こちらではジョブチューンで紹介された、動脈硬化の予防や血糖値スパイクの抑制などに良いといわれるオリーブオイルの使い方・オリーブオイル納豆&オリーブの炊き込みご飯のレシピについてまとめてきました。

納豆にオリーブオイルを入れるのは、とても手軽で簡単に始められるため試しやすいですね^^