8月4日のサタデープラスでは、エアコンの上手な使い方について紹介されました!

意外と知らないエアコンのウソホントあなたはあっている!?

今回はサタデープラスで紹介された、エアコンの上手な使い方についてまとめます。

スポンサーリンク



サタデープラス!エアコンの上手な使い方


サタデープラスでエアコンの上手な使い方が紹介されました。

猛暑が続いている中、どのようにエアコンを使うのが一番良いのでしょうか?

エアコンの大手メーカー・ダイキンの方が教えてくれました♪

室外機にぬれタオルを置くのは?

室外機にぬれタオルを置くのは×。

ファンにタオルがかかってしまうと、冷房効率が悪くなり冷えにくくなるとのこと。

室外機を冷やすという考え方はあっているが、よしずなどで影を作るのが理想的だそう♪

>>よしず 

置く際のポイントとしては、30センチ程度離しておくのが良いとのこと。

エアコンのつけっぱなしは?

エアコンのつけっぱなしは×。

話題になっているため、ダイキンの方で実験をしたそうです。

その結果は、日中は35分が分岐点。

夜間は18分が目安。

35分以上のお出かけであれば、つけっぱなしが良いとのこと。

居るときに消すのではなく、出かけるときにはエアコン消したほうが良いという解説でした。

日中は35分、夜間は18分以上の外出であれば消したほうが良いでしょうとのこと。

熱帯夜が続いているときの夜間は、付けっぱなしにしたほうが良いという説明がありました。

電気代だけの考えでいけば、外出の時間によって決めるといいそうです。

冷房とドライの使い分けは?

冷房とドライの使い分けって迷いますよね。

ダイキンの方のお話によると・・・

温度を下げたいときは冷房。

湿度を下げたいときは除湿。

こちらは体感温度に関わっていて、湿度は20パーセント下げると体感温度は4度下がるといわれているそうです。

長雨が続いていて、ジメジメしているけど、これ以上温度は下げたくないという場合は、除湿。

使い方のポイントとしては、付け始めは除湿(ドライ)で湿気を取り除いてから、冷房に切り替えるのが良いそうです♪

スポンサーリンク


サタデープラス!エアコンの上手な使い方のまとめ

今回はサタデープラスで紹介のエアコンの上手な使い方についてまとめてきました。

まだまだ続く暑い夏…ぜひ試してみてくださいね!