2019年5月26日放送の健康カプセルゲンキの時間では 、正しい紫外線対策や日焼け止めクリームの塗り方について紹介されました。

日焼けが気になり始める季節、紫外線対策はできていますか?

今回の健康カプセルゲンキの時間では、しみやしわだけでなく肌のトラブルになりやすい日焼けについての特集、正しい紫外線対策についてまとめて行きます。

スポンサーリンク





健康カプセルゲンキの時間・紫外線対策

紫外線は浴びすぎるとしみやしわなどになってしまいますよね。

紫外線が気になり始める季節、あなたはどれくらい日焼け対策ができていますか?

日焼け止めや帽子・日傘・サングラスなどの対策グッズを駆使して、美肌に勤めているという方もいらっしゃると思います。

しかし、ついうっかり忘れてしまったり、手を抜いてしまうこともありますよね。

今回の健康カプセルゲンキの時間では、正しい日焼け対策のた方法についてドクターが教えてくれました。

スポンサーリンク




日焼け対策の落とし穴

日焼け対策しっかり出来ているようでも実は落としの穴があるそうです。

シミやシワだけではなく、皮膚ガンの原因にもなる紫外線 。

正しい対策を押さえていきましょう。

日焼け止めクリームの塗り方

注意すべき「量」「時間」「回数」

日焼け止めは薄く一度塗りしただけでは、効果が発揮できないとのこと。

チョンと塗ったくらいでは、圧倒的に少ない!

・さらさらとした乳液タイプの日焼け止めなら、 500円玉2枚部分の面積を重ね塗り。

・とろみのあるタイプの日焼け止めなら、500円玉1枚部分の面積を重ね塗り。

ただし、この目安は顔だけに塗る量。

腕など露出する箇所には同じように重ね塗りすることが大切です。

また塗り忘れにも要注意!

首からデコルテにかけて、耳生え際などは忘れがちに・・・

日焼け止めはいつ塗る?

日焼け止めの機能をきちんと保つためには、2・3時間ごとの塗り直しが必要。

汗をかいたり、顔を触ったりすることの他、紫外線があたることで日焼け止めの効果は落ちてくるのだそうです。

正しい量を塗っても塗り直しは必須!

化粧が落とせないという方には、肌の上から塗るパウダータイプの日焼け止めがおすすめ 。

リラウタ

外出をしないという場合でも、窓ガラス越しの紫外線対策は必要です!

室内での油断は老け肌の落とし穴。

太陽光線に含まれる紫外線には波長によって特徴があり、中でも紫外線 A は皮膚の深くにまで入り込み真皮を傷つけます。

しわ・たるみの原因になります。

その紫外線はおよそ80%も透過ことが分かっているそうです。

>>SPF50+PA++++ミネラルUVパウダー

紫外線から目を守るサングラス

サングラスと言えば紫外線対策のマストアイテム。

ただレンズの色が濃すぎると、瞳孔が開くことになってしまうため、 隙間から入った紫外線が目に入りやすいとのこと。

すると水晶体にダメージを与え、 視力低下を招く白内障のリスクが高まってしまうそうです。

おすすめは UV カット加工が施された色の薄いタイプのサングラス。

さらに隙間からも紫外線が入りにくいデザインのものが良いとのこと。

美肌を保ちたいけれど日焼け対策が大変という人は…

日焼け止めを塗ったり気をつけているけど焼けてしまう・・・

子育て中で忙しく自分に時間をかけられない・・・

どんよりした肌の表情が気になってきた・・・

内側から徹底的に守りたい・・・

面倒なケアはしたくない・・・

そんな方には全身ムラなく日焼け対策サプリがあります!

日焼けサプリとして有名なものがこれです↓↓

モンドセレクション金賞受賞!

どんな時でも内側から夏の美容対策ができるので、外出が多いけれど対策が…という人におすすめです。

>>日傘サプリ