2018年12月30日放送の健康カプセル!ゲンキの時間では、からだ年齢総チェックSPということで血管年齢のチェック方法や改善体操が紹介されました。

こちらでは、健康カプセル!ゲンキの時間で紹介された血管対策のおネェ体操のやり方やほっトマト甘酒のレシピ についてまとめます。

スポンサーリンク



ゲンキの時間【肺年齢を若返らせる口すぼめ呼吸&呼吸筋トレーニングのやり方】

ゲンキの時間で血管年齢のチェック方法を紹介

血管年齢をチェックするには、以下の質問に答えていきます。

①シミが増えた

②年々足の冷えがひどくなってきた

③高血圧・糖尿病脂質異常症のどれかに該当

④生活が不規則だ

⑤タバコを吸っている

⑥魚を食べるのは週に3日以下

⑦運動不足

⑧満腹になるまで食べる

上の血管年齢チェック方法のうち該当個数はいくつだったでしょうか。

1~2個⇒実年齢+5歳

3~5個⇒実年齢+10歳

6~8個⇒実年齢+15歳

スポンサーリンク

血管年齢を若返らせるには・・・

生活習慣の中で特に食事を選ぶことが大切だそうです。

その中でも取り入れて欲しいのが魚。

魚に含まれる脂質、 DHA や EPAが 動脈硬化を予防し血管年齢を若返らせてくれるとのこと。

1日2 G 程度取ることは推奨されているそうです。

1食分の煮魚、焼き魚、マグロの刺身なら4~5切れ。

青魚の水煮缶もおすすめ!

必要量は1/3から1/2缶。

血管対策のおネェ体操のやり方

先生も実践する血管対策のおネェ体操も紹介してくれました。

特に冬の起床時におすすめだそうです。

・熱が出た時に冷やす太い血管がある脇と鼠径部をを擦ることによって温めます。

体を温めれば寒い朝でも血圧が上がりにくくなるのだそう。

その動きがおネェのような動きというのが名前の由来のようです。

血管対策のほっトマト甘酒のレシピ

ほっトマト甘酒の材料(1杯分)

甘酒米麹のもの50cc

トマトジュース無塩100cc

レモンお好みで

作り方

全ての材料をマグカップなどに入れ、レンジで約2分間加熱。

温熱効果で寒くて縮んだ血管が広がり、レモンを入れることで糖分・塩分がなくても酸味で味の満足感も高まります。

米麹に含まれるラクトトリペプチドには、血管をしなやかにして血圧を下げる効果があるそうです。

またトマトの GABA には神経の高ぶりを抑え血圧を下げる効果があるとのこと。

スポンサーリンク

ゲンキの時間【肺年齢を若返らせる口すぼめ呼吸&呼吸筋トレーニングのやり方】

ゲンキの時間【血管対策のおネェ体操のやり方・ほっトマト甘酒のレシピ】のまとめ

こちらでは、健康カプセルゲンキの時間紹介された血管対策のおネェ体操のやり方やほっトマト甘酒のレシピについてまとめてきました。