ゲンキの時間【肺年齢を若返らせる口すぼめ呼吸&呼吸筋トレーニングのやり方】

最新の健康ネタ

2018年12月30日放送の健康カプセル!ゲンキの時間では、からだ年齢総チェックSPということで肺年齢のチェック方法や改善する筋トレが紹介されました。

こちらでは、健康カプセル!ゲンキの時間で紹介された肺年齢を食い止めるという口すぼめ呼吸や呼吸筋トレーニングのやり方についてまとめます。

[cc id=14023 title=”リンクユニット(アド)”]
[cc id=7091 title=”もくじ”]
https://riratoreblog.xyz/%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93%E3%80%90%E8%A1%80%E7%AE%A1%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%83%8D%E3%82%A7%E4%BD%93%E6%93%8D%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%83%BB/

健康カプセル!ゲンキの時間・肺年齢のチェック方法

自宅でできる肺老化度チェックのセルフスパイ ロのやり方はこちら。

①椅子に座り、息をめいっぱい限界まで吸い込みます

② 鼻をつまみ口から思いっきり早く息を吐ききります

何秒で息を吐ききれたか時間を測ります。

息を吐ききるまで10秒以上かかる人は、一度病院(呼吸器内科)などで検査をお勧めします。

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

肺年齢が老化している人が多い

肺年齢が老化する原因は、タバコ・喘息・ホコリ。

喫煙者や昔タバコを吸っていた人は、肺年齢が高めで出ることが多いそうです。

喘息の素因がある人が喫煙することでタバコをやめても肺年齢が上がる場合があるとのこと。

肺年齢を若返らせる方法

肺年齢を若返らせるには、 禁煙や呼吸筋トレーニングがおすすめだそうです。

口すぼめ呼吸と呼吸筋トレーニングのやり方がこちら。

口すぼめ呼吸のやり方

①手のひらを顔の前30 CM 離れたところに置き、鼻から息を吸い手に届くように口をすぼめて息を吐きます。

②この時お腹が動いているのを確認しながら行います.

呼吸筋トレーニングのやり方

500ミリリットルのペットボトルを2本用意します。

中身の量はお好みで調節してください。

①ペットボトルを両手に持ち、口をすぼめて息を吐きながら腕を斜め上に伸ばし吸いながら降ろします。

②反対側も同様に行います.

③左右に10回を1セットとし朝夕の2回行います.
[cc id=2115 title=”アドセンス2″]
https://riratoreblog.xyz/%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%81%AE%E6%99%82%E9%96%93%E3%80%90%E8%A1%80%E7%AE%A1%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%83%8D%E3%82%A7%E4%BD%93%E6%93%8D%E3%81%AE%E3%82%84%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%83%BB/

ゲンキの時間【肺年齢を若返らせる口すぼめ呼吸&呼吸筋トレーニングのやり方】のまとめ

こちらでは健康カプセルゲンキの時間で紹介された肺年齢を若返らせる口すぼめ呼吸&呼吸筋トレーニングのやり方についてまとめてきました。