ゲンキの時間【悪酔い・二日酔をしないお酒の飲み方・おつまみの選び方】

2018年12月16日放送の健康カプセル!ゲンキの時間では、健康のプロ・医師たちの飲み会に潜入し肝臓を労るお酒の飲み方を紹介!
悪酔い・二日酔いしないお酒の飲み方や賢いおつまみの選び方とは・・・

こちらでは健康カプセル!ゲンキの時間で紹介された肝臓を労るお酒の飲み方・悪酔い・二日酔・おつまみの選び方についてまとめていきます。

[cc id=14023 title=”リンクユニット(アド)”]
[cc id=7091 title=”もくじ”]

悪酔い・二日酔をしないお酒の飲み方・最初の一杯に選ぶお酒は?

今回は専門医たちの飲み会に潜入し、健康面で見た肝臓を労るお酒の飲み方を紹介。

まず最初の一杯として医師たちが選んだのはビール。

最初から濃いお酒は飲まずに、アルコール度数の低いビールみたいのから飲み始める。

濃いアルコールで飲み始めると、アルコールの血中濃度高くなり血圧や意識に影響することがあるため、度数が低いものから飲み始めるといいそうです。

ビールはアルコール度数が低く、肝臓への負担が少ないため、悪酔いしにくくなるとのこと。

サワーやハイボールもアルコール度数(5~8%)が低いためおすすめ。

さらにビールに含まれる苦味成分イソアルファ酸が、アルツハイマーを遅らせる効果があるのではないかという研究結果が出てきているのだそう。

[char no=2 char=”ポイント”]守らなければいけないのは、1日トータルのアルコール量が20 g まで。

アルコール20 G の目安は、ビールなら中瓶一本、日本酒なら1合、ワインならグラス2杯弱。

日本酒換算で3合以上を常習的にとることで、様々な生活習慣を含めた病気が発症する率が高くなるとのこと。
[/char]

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

アルコール摂取の上限

一週間で2日休肝日を作り1日アルコール量60 G 。日本酒なら3合までと覚えておくと良いそうです。

おつまみ①

おつまみに選んでいたのは、大根と水菜の梅肉ソースがかかったサラダ。

サラダには食物繊維が多く含まれており、食物繊維は胃の中にアルコールを長くとどめる力があり、 ルの吸収を緩やかにしてくれる効果があるそうです。

結果悪酔いを防ぐ働きがあるとのこと。

生野菜中心の味付けが少ないものを選ぶと良いのだそう。

シーザーサラダも良いですが、ドレッシングの味付けが濃いため、選択肢としては△だそう 。

おつまみ②

選んだおつまみはマグロの刺身。
マグロに含まれる脂・ EPA や DHA が中性脂肪を分解したり脳の機能を活性化させる働きがあるそうです。

さらに EPA DHA には肝臓を活発にする働きもあるそうです。

でも健康のプロ先生方がさらに頼むもう一品は、 たこぶつ。

タコにはタウリンというアミノ酸が含まれており、お酒を飲んで肝臓をいじめた状態には、タウリンは肝臓を守る胆汁を出しやすくし、保護してくれるとのこと。

お刺身を頼むならそこに、是非タコも追加してくださいね!

おつまみ③

次に医師たちが選んだおつまみは、軟骨の唐揚げ、海老の素揚げ。

油ものが悪いイメージが強いですが、油も食物繊維と同じようにアルコール胃から小腸に流すの遅らせる報告があるそうです。

そのため血中のアルコール濃度が上がりにくくなり吸収を妨げるとのこと。

しかしカロリーを考えたら食べ過ぎは禁物なため、鶏の唐揚げを頼むなら海老の素揚げなどを選ぶと良いとのこと。

揚げ物が苦手な方は、マグロのカルパッチョなどを選ぶと良いそう。

オリーブオイルで油を取りマグロの栄養との相乗効果!

自宅で飲む時におすすめのおつまみ

自宅で飲む際におすすめのおつまみも紹介されました。

それはブロッコリースプラウト。

強い抗酸化作用で肝臓の防御効果を高める効果があり、他の生野菜と一緒に食べれば食物繊維も同時にとれ、悪酔い二日酔い予防に最適!
[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

お酒を飲む前にはウルソ

お酒を飲む前に飲むと良いと言われるウコン、しかし医師たちがすすめるのはウルソでした。

ウルソとはウルソデオキシコール酸。

元々は熊の胆嚢から発見された胆汁酸で、 肝臓が悪い患者さんに処方していたお薬だそうです。

現在は錠剤や飲料としても市販されているため、悪酔いや二日酔い予防に取り入れると良いとのこと。

医師が最後に頼む〆の一杯

医師たちが最後に頼む締めの一杯は、ノンアルコールビール。

実はノンアルコールビールには二日酔いを防ぐ役割があるそうなんです。

アルコールを飲むとどうしても脱水になりやすいため、 最後にノンアルコールの飲み物を飲むことで水分補給、脱水予防・2日酔い予防をすることができるとのこと。

どうしても〆の料理を食べたい時には

締めにお茶漬けのご飯などを頼むと、ご飯の糖質が高いため血糖値を上昇させてしまいます。

できればしめは我慢するのがベスト。

しかし、どうしても食べたいという場合には、お蕎麦がいいそうです。

ルチンというポリフェノールの抗酸化作用で肝機能を助ける働きも!

二日酔いになってしまった時の対処法

2日酔いになってしまった時には水分補給が大事。

体の脱水を回復しアルコールの代謝を促進してくれます。

さらに、ビタミン Cが豊富なかきやいちごキウイなど を取ると良いそうです。

ビタミン C はアルコール分解を助け、肝機能を回復する効果があるとのこと。

二日酔い予防の寝方

胃から十二指腸にかけて左から右に物が通るため、右を下にして横になると消化がスムーズになるそうです。

胃の出口が下向きになり消化を助ける。

吐き気などが抑えられる可能性もあるとのこと。

[cc id=2115 title=”アドセンス2″]

ゲンキの時間【悪酔い・二日酔をしないお酒の飲み方・おつまみの選び方】のまとめ

こちらでは健康カプセル!ゲンキの時間で教えてくれた悪酔い・二日酔をしないお酒の飲み方・おつまみの選び方についてまとめてきました。

飲み会が増えるシーズンには、これらを取り入れてみるのもいいかもおしれませんね♪