10月3日放送のガッテンでは、血糖値の新常識・ピントレで血糖値改善!

週に2日だけやればいいという体操を紹介!

こちらではガッテンで教えてくれた体操のやり方をまとめていきます。

スポンサーリンク


ガッテン(NHK)ピントレのやり方

※高血圧の肩膝の悪い形は医師に相談の上行なってくださいね。

ガッテンで教えてくれたスロースクワット・ピントレのやり方がこちら。

スロースクワット・ピントレのやり方

①腕をまっすぐ前に上げて足を肩幅より広めに開いて立ちます。つまさきは30°のくらい外に向ける。

膝はつま先と同じ方向で、膝はつま先よりも前に出ないように注意!

②ゆっくり10秒数えながら太ももが床と平行になるまで腰を下ろしていきます。

手は太ももの後ろに当て、お尻を後ろに突き出し、バランスを取るために手を前に伸ばします。

③太ももが床と平行、90°くらいまでになったらキープ。  

④スッと立ち上がります。

息を止めてしまうと血圧が上がってしまうため、声を出して数えると良いそうです。

1回10秒。

目標は10回行います。

続けてやることが大切で途中止めてしまうと効果に繋がりにくいとのこと。

スクワットを10回行ったら、3~4分の休憩を挟んで、また10回。

また休憩を挟んで10回の合計30回を週2回続けてみてください。

ポイント

運動に慣れていない人は足を大きく開いて負荷を軽くして10回を目指しましょう

スポンサーリンク

椅子を使ったピントレ


椅子を使ったピントレのやり方がこちら。

①安定のいい椅子を2脚用意します。

②背もたれに寄りかからない位置に座ります。

③肩幅よりも広めに足を開き、つま先を外側に。

椅子を前において、補助として捕まりながら行うと良い。

③手前に椅子やテーブルを置いて支えにして行います。

高齢の方や歩く時にふらつきがある方におすすめ。

1ヶ月ぐらい筋トレを行うことで、足の上がり方などが変わってくるようです。

スポンサーリンク

スロースクワットのやり方動画

こちらの動画ではスロースクワットのやり方が紹介されています。

ぜひ参考にしてみてくださいね!