2018年11月28日放送のNHK・ガッテンでは、コレステロールの救世主となる血管を掃除する秘策について紹介されました。

こちらでは、ガッテンで紹介されたEPAについての解説とさかなクンのおすすめのEPAのレシピについてまとめます。

スポンサーリンク



ガッテン!コレステロールの新常識

今回のガッテンでは、コレステロールの新常識について特集!

増えすぎた悪玉コレステロールは、血管の中にプラークを作り動脈硬化の原因になるそうです。

悪玉コレステロールの数値が高い人は注意が必要!

善玉コレステロールは、質(吸う力)が大切で、吸う力が強ければ、プラークからコレステロールをどんどん吸い込んで血管を若返らせる可能性があるそうです。

この善玉コレステロールの救世主となるのが青魚のEPA。

ガッテンで行われた実験では、1日1食の青魚を摂ることで2週間で吸う力がアップしたそうです。

しかも魚中心の食生活にすることで、悪玉コレステロールを減らす効果もあるとのこと。

最新の研究では、善玉の能力が低い人は、脳梗塞になりやすく、善玉の能力が高い人は、脳梗塞になりにくいということがわかってきているそう。

さば、はまち、イワシなど、青魚といわれるものであればなんでもOK。

EPAは加熱によって酸化されやすいそうなので、カルパッチョなどがおすすめとのこと。

※オリーブオイルは、EPAの酸化を防ぐ働きがあると考えられているそうです。

スポンサーリンク

善玉の吸う力が落ちる原因

善玉の吸う力が落ちることは、アルコールや喫煙、高血圧や肥満・糖尿病など、血管の酸化や炎症が原因。

青魚以外で善玉の吸う力をアップさせる方法

今回の調査では、善玉の吸う力をアップさせる方法も紹介されました。

それは、ナッツと緑茶・ウォーキングだそうです。

ナッツなら、1日25グラム。

緑茶は最低でも1杯。

その両方を毎日摂取。

ウォーキングは、1日30分。

これを青魚の実験と同じように2週間続けてもらったところ、確かな変化が表れていました。

EPAを手軽にとるにはサバ缶

EPAを手軽にとるには、さば缶がとりやすいそうです。

サバ缶であれば、1日に4分の1缶食べることがおすすめとのこと。

スポンサーリンク

EPAが豊富なサバ缶レシピ

EPAが豊富なサバ缶レシピもいくつか紹介されました。

さかなクンおすすめのさば缶レシピ

さかなクンおすすめEPAのレシピは、さば缶にかつおぶしをかけて食べるという方法。

ぴっぱりうどんのレシピ

①さば缶の実と納豆・ねぎを混ぜ合わせます。

②サバ缶の汁も味付けに入れてまぜます。

③茹でたうどんを絡ませれば完成!

さば水煮缶の天ぷらのレシピ

①サバの水煮缶カラサバを取り出し1口大に切ります。

②小麦粉をまぶして、大葉と海苔を巻いてとめます。

③衣をつけて170度の油で揚げます。

④サバには火が通っているので、衣がカラっとあがったら完成!

スポンサーリンク

ガッテン!サバ缶で善玉コレステロールアップ・EPAのレシピまとめ

こちらでは、ガッテンで紹介されたサバ缶で善玉コレステロールアップについての方法やEPAのレシピについてまとめてきました。

生活習慣を改善して、善玉の吸う力を上げていきたいですね♪