2019年5月8日放送のNHKガッテンでは、虫歯リスクが激減するという歯磨き術について紹介されました。

虫歯や歯周病もばっちり防げる楽ちん予防法も♪

こちらでは、ガッテンで教えてくれた虫歯や歯周病予防の最新歯磨き法・イエテボリテクニックのやり方についてまとめます。

スポンサーリンク



ガッテン!歯みがき粉の使い方で虫歯予防


今回のガッテンでは、虫歯率を激減させたスウェーデンの最新歯磨き法を紹介!

国内に流通する 歯磨き粉の約9割に含まれているフッ素が虫歯の切り札となるそうです。

虫歯菌は酸を出すことにより、歯を溶かして虫歯にしてしまいます。

歯磨き粉に含まれるフッ素は、歯をコーティングしてくれることで虫歯を予防します。

歯磨きをしていれば間違いなく虫歯はないはずなのに、なぜ日本人の虫歯は減らないのでしょうか。

こま

いつまでも自分の歯で食事ができるように、歯を守っていきたいものですよね。

虫歯予防のポイントは、歯みがき粉にあるそうなんです。

日本人の常識が覆る、その驚きの方法とは?

日本人には難しいといわれる歯磨きの仕方とのこと。

スポンサーリンク

虫歯や歯周病予防の歯磨きの仕方

スウェーデンで見つけたというスウェーデン式歯磨き・イエテボリテクニック。

そのやり方とは、歯磨きを終えた後に口の中を水でゆすがないとのこと。

スウェーデンで勧められているイエテボリテクニックを対象としているのは12歳以上。

小さな子供達にはお勧めしていないそうです。

イエテボリテクニックのやり方

イエテボリテクニックの三つのポイントを紹介していきます。

①歯磨き粉はたっぷりつけます。およそ2 CM。

②フッ素をできるだけ口の中に残すこと。

③歯磨きの後は飲食しないこと。できれば2時間最低でも30分は飲食しないことを勧められているとのこと。

イエテボリ法をやればずっと虫歯にならないというわけではないので、定期的な検診などは必要です。

ポイント

フッ素は毎日大量に摂取すると骨などに悪影響を及ぼす可能性があるため、1日の摂取量が10 MG までと決められています。(9歳以上)

歯磨き粉の場合であれば2 CM 、約1 G のフッ素の量であれば、およそ1 MG 程度だそうです。


スポンサーリンク

ネットの反応

でも、2センチの歯磨き粉って結構な量ですよね。

うがい要らずの歯磨き粉

こま

お口のトラブルがあると、匂っていないだろうか…相手に不快感を与えていないだろうかと、会話をするのも憂鬱になってしまいますよね。

うがいをしなくてもいいと言われても、やっぱりちょっと気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それならそもそも、うがいをしなくてもいい歯磨き粉を選べばいいんです。

毎日使うものだから、できるだけ体に悪いものは使用したくない。

世界初の虫歯予防菌『BLIS M18・K12』を採用した、殺菌剤・発泡剤・界面活性剤等なしの歯磨き粉です。

※60日間の返金保証付き!

世界初!虫歯予防成分『BLIS M18・K12』配合
 大人用歯磨き粉【ブリアン】