2019年6月12日放送のガッテンでは、あごこり「顎関節症」解消のあご筋ほぐしのやり方が紹介されました。

放置すると怖いという「顎(がく)関節症」 正体はあごの筋肉のこり!

こちらではガッテンで教えてくれた「顎(がく)関節症」についてのあごこり解説と解消のあご筋ほぐしについてまとめていきます。


スポンサーリンク




ガッテンであごこり/顎(がく)関節症についての特集

今回のガッテンでは、あごこり/顎(がく)関節症について特集されました。

実は増えているという顎コリ。

こじらせると怖い顎こり。

痛みが強くなると食事をとるのもままならなくなるそうです。

食が細くなり食欲が落ちることも・・・

口が開かない、音が鳴る、頭痛、夜眠れない、朝起きれないなどの不調も出てくると神経質になってしまうこともあるとのこと。

これをまとめると、顎コリがひどくなると顎関節症になるそうです。

顎こり簡単セルフチェック

顎こりの検査方法は、口が縦にどのくらい口が開くかでチェック。

口が35 mm 開くかどうかで顎コリを判断するとのこと。

口の中に指を縦にして第二関節まで何本入るか?

3本以上入れば正常だそうです。

2本以下の場合は要注意。

スポンサーリンク




顎こり・顎関節症の原因は?

顎こり・顎関節症の原因は、無意識にやってしまう

顎コリの原因は、血流が悪くなって硬くなってしまう状態、筋肉も硬くなり動きにくくなるとのこと。

顎凝りが進むと筋肉が凝り固まって口が開かなくなったり痛くなることがある。

肩こりと似たような痛みも引き起こすそうです。

顎凝りが進むと、クッション(関節円板)がずれて、痛みが出たりカクンという音がする。

顎こり撃退・あご筋ほぐしのやり方

簡単に自宅でできる顎こり撃退・あご筋ほぐしのやり方を教えてくれました。

筋肉のマッサージと合わせて行うと良いそうです。

①顎の付け根の筋肉(咬筋)8秒間マッサージします。

②こめかみの筋肉(側頭筋)も8秒間マッサージ。

③口を開けて上を向くだけ。

より大きく開くため、筋肉がしっかり伸びるのだそう。

※朝晩2回、2週間行います。

動かすことで筋肉の血行を改善し、コリがほぐれるのだそうです。

動かすことで関節もスムーズに動くようになるとのこと。

スポンサーリンク