2018年12月5日放送の NHK ガッテンでは、 小松菜の絶品しゃぶしゃぶ鍋・濃厚おひたし・ほっこり洋風スープや野沢菜風漬物作り方が紹介されました。

栄養豊富で手ごろな小松菜をもっと便利に使ってレパートリーを増やしちゃいましょう。

こちらではガッテンで紹介された小松菜レシピについてまとめていきます。

スポンサーリンク



NHKガッテン・小松菜特集

今回のガッテンでは小松菜について特集されました。

なかには、ほうれん草の代用品として使っているという人も多いのではないでしょうか。

しかし、小松菜は同じ緑黄色野菜のほうれん草と比べても鉄分は約1.4倍、 カルシウムを3.5倍以上も含まれているそうです。

小松菜は、ビタミンCや鉄分にカルシウム、ミネラルや葉酸なども含まれ天然のマルチサプリと呼ばれるほど栄養豊富だそう。

小松菜はちょっと調理法を変えるだけで、味や食感が大きく変化し、実力を引き出すことができるそうです。

今回のガッテンでは小松菜の美味しい食べ方を教えてくれました。

小松菜のおひたしレシピ


①沸騰させたお湯に小松菜を二株入れる.

②茹で時間は15秒。

③水にさらさずそのまま置いておく.このままで十分余熱が入るとのこと。

④粗熱が取れるまで放置したら完成!

ほうれん草にはシュウ酸というえぐみ成分が入っているためしっかり出て水にさらしますが、小松菜にはシュウ酸がほとんど入っていないため水にさらさなくても大丈夫だそう。

スポンサーリンク

小松菜がピリッと辛く変身する方法

小松菜は、70℃くらいのお湯の中で1・2・3とくぐらすと、ピリッと辛味のある独特の味が出てくるそうです。

沸騰したお湯ではなく70℃くらいのお湯で低温茹ですることで、酵素が動き小松菜の辛味成分が出現。

次に紹介するのは小松菜の辛い食べ方・しゃぶしゃぶです。

小松菜のしゃぶしゃぶ

① 小松菜を葉と根本に根元に分けます。
使うのは葉っぱの部分。

②鍋に昆布を入れ1リットルのお湯を沸かします。

③沸騰したら水を1 L を加え火を止めます。

④葉っぱを1枚ずつしゃぶしゃぶのように3回お湯にくぐらせればOK

小松菜の辛味は産地や品種収穫時期によって葉っぱごとに大きく異なるそうです。

小松菜を野沢菜に変身する技

①小松菜を半分に切った根元の方をジップロックに入れお塩を入れて揉みます.さらに葉っぱの部分も同じ袋に入れ塩をなじませます。

②空気を抜いて冷凍庫で一晩寝かせます.

③解凍したら水気を絞ります.

切ったそのまま食べることができるそうです。

小松菜のスープ

①鍋に入った歯を入れたお湯に小松菜を入れていきます。

②塩を少し入れて10分間煮るだけ。

スポンサーリンク

旨味たっぷり小松菜出汁の取り方

①500ミリリットルのお湯を沸かし、切った小松菜150 G を入れます。

②小松菜を5分から10分煮ます。

③最後に小さじ半分の塩を入れたら完成!

小松菜だけですごく出汁が出るのでおすすめは、あえてお肉を入れないヘルシースープ。

もやし、白髪ねぎ、ごま油を加えるなど、応用が利くので色々試してみてくださいね。

プランターを使った小松菜の育て方

①深さと幅が20 CM ほどのプランターを用意します。

②プランターの底に石など敷き、肥料入りの野菜を土を入れます。

③深さ一センチほどの筋状の溝を引き一センチ間隔で種をまきます。

※種は季節に合ったものを選びましょう。

④ネットや透明のシートなどで覆い、風通しの良い日向にプランターを置いて育てましょう。

⑤初芽したら葉っぱに光が届くよを適度に間引きしていきます。

間引き菜は柔らかいので生やさっと茹でて食べると美味しいです。

⑥丈が二十センチを超えたら収穫時期です。

※小松菜はサラダ小松菜もあり、生で食べても大丈夫なので、サラダやパンに挟んでも良いそうです。

ガッテン【小松菜しゃぶしゃぶレシピ・小松菜だしの取り方・野沢菜風漬物作り方】のまとめ

こちらでは、ガッテンで紹介された小松菜しゃぶしゃぶレシピ・小松菜だしの取り方・野沢菜風漬物作り方、小松菜のおひたしレシピについてまとめてきました。